中波帯電磁波ノイズ観測、大気重力波観測による地震発生予測実験

 当ページの色分けは次の通りです。 原則としてM5.0未満の予測は記載しないこととしています。

赤(P) :M5.5以上の予測
青(P) :M5.5未満M5.0以上の予測
緑(R) :予測に対応した発生地震
黒(P,R):M5.0未満の予測、および予測していなかった発生地震

- 地震予知情報作成日時: 2017/09/28 23:55(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
- 地震予知情報掲載日時: 2017/09/30 22:30 -

1.総説

 最近予測に対して一桁小さい多数の地震が発生したり、あるいは予測より大分遅れての発生など、 少し通常とは異なる現象が見られるようになってきました。
このような場合は、近い将来大きめの地震が起きることが多いので注意が必要です。

 複数の外国で中地震が予測される。会員ページ参照。

 魑魅魍魎第4弾については、近い将来再開の予定。

 M5.5未満については原則として予測番号を付与しないこととします(9/22から当分の間)。 一般にM5.0からM5.5は最も予知しやすい地震です。M7以上を見逃さないよう頑張っていただきたいものです。


- 地震予知情報作成日時: 2017/09/21 23:30(作成者:IAEP理事長 宇田進一)-
- 地震予知情報掲載日時: 2017/09/23 22:00 -

1.総説

  R:M 7.1 Mexico 09-19 18:14:39 (UTC) 18.584°N 98.399°W 51.0 km (USGS)
 9/8の巨大地震Mw8.1の誘発地震として、内陸で上記地震が発生し、多くの方々が被災しているようです。 TVの映像で被害状況を見るたびに心が痛みます。 たくさんの方々が無事に救出されますように。

  R:M 8.1 Mexico 09-08 04:49:21 (UTC) 15.068°N 93.715°W h69.7 km (USGS)
 メキシコで9/8に巨大地震が発生しました。被害が多く発生しているようです。 北米で予測していた多数の中地震は、この巨大地震の前兆の一部だったようです。 今年の1月からは何らかの前兆があったようです。 あるいは前年に遡ることができるかもしれません。 日本とメキシコの最短距離は約12000kmあり、 広大な地域を長期間にわたって大気重力波を調べるには、マンパワー不足で、手に余ります。 「日本周辺でかなり大きな地震の前兆が複数箇所認められる。要経過観察だ」 と述べてきましたが、メキシコの巨大地震の発生は、偶然なのか、必然なのか、判然としません。 検討にはしばらく時間を必要とします。
 メキシコとヨーロッパは10000kmほど距離があり、 幅3000〜4000kmを与えればM8.1ないし8.2の前兆面積となる。 「日本周辺のかなり大きな地震の前兆」 は日本からヨーロッパ〜大西洋までの大気重力波を元に計算されており、 このヨーロッパ〜大西洋の部分ではメキシコの巨大地震の前兆とダブっていたこととなる。
 したがって、「日本周辺のかなり大きな地震の前兆」 は再計算されて、会員ページに掲載した。

複数の外国で中地震が予測される。会員ページ参照。

魑魅魍魎第4弾については、近い将来再開の予定。

 M5.5未満については原則として予測番号を付与しないこととします(9/22から当分の間)。 一般にM5.0からM5.5は最も予知しやすい地震です。 M7以上を見逃さないよう頑張っていただきたいものです。


- 地震予知情報作成日時: 2017/09/14 22:40(作成者:IAEP理事長 宇田進一)-
- 地震予知情報掲載日時: 2017/09/17 10:30 -

1.総説

  R:M 8.1 Mexico 09/08 04:49:21 (UTC) 15.068°N 93.715°W h69.7 km (USGS)
 メキシコで9/8に巨大地震が発生しました。 被害が多く発生しているようです。 北米で予測していた多数の中地震は、この巨大地震の前兆の一部だったようです。 今年の1月からは何らかの前兆があったようです。 あるいは前年に遡ることができるかもしれません。 日本とメキシコの最短距離は約12000kmあり、 広大な地域を長期間にわたって大気重力波を調べるには、マンパワー不足で、手に余ります。 「日本周辺でかなり大きな地震の前兆が複数箇所認められる。要経過観察だ」 と述べてきましたが、メキシコの巨大地震の発生は、偶然なのか、必然なのか、判然としません。 検討にはしばらく時間を必要とします。

 複数の外国で中地震が予測される。 会員ページ参照。

 魑魅魍魎第4弾については、近い将来再開の予定。

 M5.5未満については原則として予測番号を付与しないこととします(9/22から当分の間)。 一般にM5.0からM5.5は最も予知しやすい地震です。 M7以上を見逃さないよう頑張っていただきたいものです。


- 地震予知情報作成日時: 2017/09/07 23:55(作成者:IAEP理事長 宇田進一)-
- 地震予知情報掲載日時: 2017/09/09 23:55 -

1.総説

 日本周辺でかなり大きな地震の前兆が複数箇所認められる。 要経過観察だ。

 複数の外国で大地震が予測される。 会員ページ参照。

 魑魅魍魎第4弾については、近い将来再開の予定。

 M5.5未満については原則として予測番号を付与しないこととします(9/22から当分の間)。 一般にM5.0からM5.5は最も予知しやすい地震です。 M7以上を見逃さないよう頑張っていただきたいものです。

会員トップページに戻る