中波帯電磁波ノイズ観測、大気重力波観測による地震発生予測実験

 当ページの色分けは次の通りです。 原則としてM5.0未満の予測は記載しないこととしています。

赤(P) :M5.5以上の予測
青(P) :M5.5未満M5.0以上の予測
緑(R) :予測に対応した発生地震
黒(P,R):M5.0未満の予測、および予測していなかった発生地震


- 地震予知情報作成日時:2016/10/27 21:30(作成者:IAEP理事長 宇田進一)-
- 地震予知情報掲載日時:2016/10/28 01:30 -

1. 総説

 現在M6台半ばが予測されております。 会員ページ参照。

 複数の外国で大地震が予測されます。 会員ページ参照。

 魑魅魍魎第4弾については、現在予測している大地震が発生後再開の予定。

 M5.5未満については原則として予測番号を付与しないこととします(9/22から当分の間)。


- 地震予知情報作成日時:2016/10/20 22:10(作成者:IAEP理事長 宇田進一)-
- 地震予知情報掲載日時:2016/10/21 01:20 -

 1. 総説:前回と同じ文章です。

 気象庁CMT解析の精査後のデータは下記に掲載されているので、参照していただきたい。 「予測対応地震の発生」の掲載は地震発生後すぐに行っているため、 予実差は確定値との比較ではないが、この「精査後」と比較していただければ、 マグニチュードの差はほとんどないことがお分かりいただけよう。
http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/mech/cmt/top.html

 現在複数のM6台半ばから後半が予測されております。 会員ページ参照。

 複数の外国で大地震が予測されます。会員ページ参照。

魑魅魍魎第4弾については、現在予測している大地震が発生後再開の予定。

 M5.5未満については原則として予測番号を付与しないこととします(9/22から当分の間)


- 地震予知情報作成日時:2016/10/13 22:35(作成者:IAEP理事長 宇田進一)-
- 地震予知情報掲載日時:2016/10/14 21:55 -

1. 総説

 気象庁CMT解析の精査後のデータは下記に掲載されているので、参照していただきたい。 「予測対応地震の発生」の掲載は地震発生後すぐに行っているため、 予実差は確定値との比較ではないが、この「精査後」と比較していただければ、 マグニチュードの差はほとんどないことがお分かりいただけよう。
  http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/mech/cmt/top.html

 現在複数のM6台半ばから後半が予測されております。 会員ページ参照。

 複数の外国で大地震が予測されます。 会員ページ参照。

 魑魅魍魎第4弾については、現在予測している大地震が発生後再開の予定。

 M5.5未満については原則として予測番号を付与しないこととします(9/22から当分の間)


- 地震予知情報作成日時:2016/10/06 23:10(作成者:IAEP理事長 宇田進一)-
- 地震予知情報掲載日時:2016/10/07 23:50 -

1. 総説

 気象庁CMT解析の精査後のデータは下記に掲載されているので、参照していただきたい。 「予測対応地震の発生」の掲載は地震発生後すぐに行っているため、 予実差は確定値との比較ではないが、この「精査後」と比較していただければ、 マグニチュードの差はほとんどないことがお分かりいただけよう。 http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/mech/cmt/top.html

前回(9/30)「三重会合点付近での大地震の後続はない見込みです」と述べましたが、その通りでした。 下記のように小、中地震がいくつか発生しています。
  R:10/04 21:13 34.711 141.360 35.8 M5.3D M4.4V 関東東方沖(一元化)
  R:10/01 18:40 34.627 141.545 h35.4 M4.8D 4.3V 関東東方沖(一元化)

 現在M6台後半が予測されております。 会員ページ参照。

 複数の外国で大地震が予測されます。 会員ページ参照。

 魑魅魍魎第4弾については、現在予測している大地震が発生後再開の予定。

 M5.5未満については原則として予測番号を付与しないこととします(9/22から当分の間)

会員トップページに戻る