中波帯電磁波ノイズ観測、大気重力波観測による地震発生予測実験

 当ページの色分けは次の通りです。 原則としてM5.0未満の予測は記載しないこととしています。

赤(P) :M5.5以上の予測
青(P) :M5.5未満M5.0以上の予測
緑(R) :予測に対応した発生地震
黒(P,R):M5.0未満の予測、および予測していなかった発生地震


- 地震予知情報作成日時:2015/07/31 08:50(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
- 地震予知情報掲載日時:2015/07/31 23:00 -

1. 総説

  M 7.0 - 230km W of Abepura, Indonesia 07/27 21:41:21 UTC
            2.683°S 138.508°E h48.0 km(USGS)

 が発生した。 これはかねてより述べていた赤道方面(および南方)の大地震の予想に対応する一連のもので、 7/18のSolomonM7.0に引き続き起こったものである。 これでM7クラスは3個目で、これで終了というわけではなさそうだ。 引き続き、ニュージーランドまたはマクウオーリ島方面で大地震がありそうだ。 例によって、日本ではないので詳細は詰めない。
 前回(07/23)次のように述べた。「このように大気重力波は世界中の地震を予知できる。 もしも当会のマンパワーが十分であれば、マグニチュードも決定できる。 現状でも大地震が差し迫っているという程度のことは指摘できる。 その一つが最近の例で言えば、ネパール大地震(4/25 Mw7.8(USGS)だった。
 したがってどの程度のマンパワーを必要とするか試算してみると、 わずかに10数人程度で全世界の地震を正確に予知できることになる。 予算を計算すると年間2から3億円程度と非常にコストパッフォーマンスは高い」。
 こんなもので全世界の大地震が予知できるならと言って、提供する篤志家はいないものか。

  1.  

     2014年1月1日以降の震度5弱以上の地震に対して当会の予測はどのようであったかを既に示した。 その結果は、余震、誘発地震およびMw5.0以下を除く10地震にたいして予知していたものは9個であった。 サンプル数が少ないが、単純に計算すると的中率は9割となる。

  2.  

     M7.2と修正されたP1506-01eについては、大幅な修正がある。 これはかねてより指摘しているアウターライズでの巨大地震の可能性がある。 マグニチュードを決定するためには地球を一周して、大気重力波の分布を知る必要があるが、 そのためには膨大な時間を必要とする。抜き取りサンプル方式による検討では、少なくともM8以上と推定される。 M9にまで至るかは、全地球をサーチしたあとに決定される。 したがって発生日も決定されないが、アウターライズ地震は今までに、概ね下弦の月前後に発生している。 今後到来する各月の下弦のうち、最初の下弦の月は8/7となるのでこの日を含み一週間程度は要警戒だ。 もし発生しなければ、次の下弦、以下順次各月の下弦が要注意となる。

  3.  

     6/25に具体的な事例によって震度5弱以上という基準で地震予知情報を評価するのは誤りだと指摘した。 なぜなら同じ期間(2014年1月1日から2015年6月10日の約1年半) に発生したM6以上の14個もの発生地震を見逃しても良いことになってしまうからだ。
     一方2012年1月1日から2015年6月10日の約3年半に発生したM≧6.8の地震をリストアップし、 この地震(複数)に対して、当会の予知はどのようであったかを示した。
     読者諸氏にあっては、同じ検証をご存知の種々の地震予知サイトの情報について行ってみることをお勧めする。 他人の意見に左右されることなく自分で判断することが非常に重要だ。

  4.  

     マグニチュードは1違うとエネルギーは32倍、2違うと32×32=1024倍、3違うと32700倍異なる。
     原爆の1個のエネルギーはM5.5程度と言われている。 つまりM6.5は32個一度に爆発させたもの、M7.5は1000個一度に爆発させたもの、 M8.5は32000個一度に爆発させたもので、まるで違う。M5.5と予測し、 実発生がM8.5であった場合、的中と評価するのは恥ずかしいことだ。 この程度の基礎知識は地震大国日本に住む住民にとっては必須事項である。

  5.  

     震度5弱以上のみで評価すると重大な多くの地震を見逃しても良いことになってしまい、 評価方法としては適切ではないことを示した。どうしても震度で評価したいのであれば、 震度とマグニチュードの両縛りで評価するのが適切である。 例えば、アウターライズでの巨大地震では、陸地における震度はそれほどではなくても、大津波が襲来する。 震度のみで評価する習慣を身につけてしまうと、逃げなくても良いと勘違いするかもしれない。

  6.  

     現在予測している各地の地震は、上記アウターライズ巨大地震の影響を受けているかもしれないので、 あるいは発生しない可能性もある。

地域別予測に関しては会員ページをご覧ください (東日本大震災の余震域については原則M6以上、そのほかの地域は原則M5.5以上)。 会員ページ記載の予測の漏洩ならびに転用は厳禁です。


- 地震予知情報作成日時:2015/07/23 23:30(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
- 地震予知情報掲載日時:2015/07/24 00:50-

1. 総説

  M 7.0 - 78km WNW of Lata, Solomon Islands 07/18 02:27:33 UTC 10.444°S 165.172°E h10.0 km
 が発生した。

解説

 現在予測している日本周辺のM7台の地震に対して、 外国の大地震の前兆の一部であるのに日本での地震だとを誤判断しているのではないかと思い、 日本周辺から赤道より南方までサーチした。 その結果、南方(パプアニューギニアからニュージーランド方面)に大地震の前兆はあるが、 日本周辺とは約1000kmの幅で非存在地域を含んでいることから、 この地域の大地震の前兆の影響はないと判断した。
 その結果7/10、SolomonでM7.0(JMA;USGSではM6.7)が発生した。 その時に下記のように解説した(7/17 01:25記)。 「ただこれ1個で終わるかどうかは、日本ではないと予測されたため、 マグニュードの計算を行っていないので不明である」 指摘の通り、1個の地震では終わらなかった。まだ発生する可能性もあるが、 前回同様、マグニチュードの計測、計算を行っていないのでなんとも言えない。
 このように大気重力波は世界中の地震を予知できる。 もしも当会のマンパワーが十分であれば、マグニチュードも決定できる。 現状でも大地震が差し迫っているという程度のことは指摘できる。 その一つが最近の例で言えば、ネパール大地震(4/25 Mw7.8(USGS)だった。
 したがってどの程度のマンパワーを必要とするか試算してみると、 わずかに10数人程度で全世界の地震を正確に予知できることになる。 予算を計算すると年間2から3億円程度と非常にコストパッフォーマンスは高い。
上記1000km程度の非存在地域で、日本周辺の地震か、 外国での大地震かを識別するのに十分かと再吟味してみる。
 5/30に小笠原諸島でMw7.9(JMA)USGSではM7.8が発生した。 この時の当会の予知情報は「M7.5が5/26頃、東北地方はるか東方沖」であった。 この時幅800kmの非存在地域を挟んでハワイ諸島まで大気重力波は及んではいたが、 この非存在地域を重視して、したがってハワイ方面の大気重力波を無視して、 当初マグニチュードを7.5と計算した。 小笠原地震発生後、非存在地域を無視して再度計算したところM7.9で気象庁のMw7.9に一致した。 このことから幅1000km程度では必ずしも十分とは言えないが、かなり微妙である。 あるいはもっと大きい南方地域の地震(例えばM8程度)の前兆を拾っていて、 日本周辺ではM7程度の地震と誤って予測してしまっている可能性もある。

  1.  

     2014年1月1日以降の震度5弱以上の地震に対して当会の予測はどのようであったかを既に示した。 その結果は、余震、誘発地震およびMw5.0以下を除く10地震にたいして予知していたものは9個であった。 サンプル数が少ないが、単純に計算すると的中率は9割となる。

  2.  

     M7.0と修正されたP1506-01dの震央(震源地の真上)、および発生日については、会員ページで検討する。

  3.  

     6/25に具体的な事例によって震度5弱以上という基準で地震予知情報を評価するのは誤りだと指摘した。 なぜなら同じ期間(2014年1月1日から2015年6月10日の約1年半)に発生した M6以上の14個もの発生地震を見逃しても良いことになってしまうからだ。
     一方2012年1月1日から2015年6月10日の約3年半に発生したM>=6.8の地震をリストアップし、 この地震(複数)に対して、当会の予知はどのようであったかを示した。
     読者諸氏にあっては、同じ検証をご存知の種々の地震予知サイトの情報について行ってみることをお勧めする。 他人の意見に左右されることなく自分で判断することが非常に重要だ。

  4.  

    マグニチュードは1違うとエネルギーは32倍、2違うと32*32=1024倍、3違うと32700倍異なる。
     例えて言うならば、第2次世界大戦で使われた最大の爆弾(原爆)の1個のエネルギーはM5.5程度と言われている。 つまりM6.5は32個一度に爆発させたもの、M7.5は1000個一度に爆発させたもの、 M8.5は32000個一度に爆発させたもので、まるで違う。 M5.5と予測し、実発生がM8.5であった場合、的中と評価するのは恥ずかしいことだ。 この程度の基礎知識は地震大国日本に住む住民にとっては必須事項である。

  5.  

     震度5弱以上のみで評価すると重大な多くの地震を見逃しても良いことになってしまい、 評価方法としては適切ではないことを示した。 どうしても震度で評価したいのであれば、震度とマグニチュードの両縛りで評価するのが適切である。 例えば、アウターライズでの巨大地震では、 陸地における震度はそれほどではなくても、大津波が襲来する。 震度のみで評価する習慣を身につけてしまうと、逃げなくても良いと勘違いするかもしれない。

地域別予測に関しては会員ページをご覧ください (東日本大震災の余震域については原則M6以上、そのほかの地域は原則M5.5以上)。 会員ページ記載の予測の漏洩ならびに転用は厳禁です。


- 地震予知情報作成日時:2015/07/17 01:25(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
- 地震予知情報掲載日時:2015/07/18 22:10 -

1. 総説

今週は中地震から大地震が多発した。
  R1:07/10 13:13JST 南太平洋(09.3S,158.4E) M7.0(気象庁)
             M 6.7 Solomon Islands 9.314°S 158.423°E h10.0 km(USGS)

 が発生した。 これは06/12の総説で述べた以下の予測に対応するものであろう。 ただこれ1個で終わるかどうかは、日本ではないと予測されたため、 マグニュードの計算を行っていないので不明である。

 M7.0の予測が赤道方面の大地震の影響圏内にあるかもしれないので、 5/31分の衛星画像を南極近くまでサーチした。 その結果赤道より南方でかなり大きな地震の前兆が見られたが、 日本周辺とは1000km程度非存在地域を挟んでいるので、おそらく影響圏ではないと判断された。 日本ではないので詳細は検討しないが、 おそらくパプアニューギニアからニュージーランド方面かと推測される。

  R2:07/10 03:33 岩手県沿岸北部(40.35N,141.56E)震度5弱 h88km M5.7D
            Mw5.6(JMA)
            M5.6 40.36N, 141.48E h79.4km(USGS)
            Mw5.5 40.3, 141.5 h82km (AQUA-CMT)

 が発生した。 これは以下の予測に対応するものだ。

- 07/02発信 -

  P1506-02b:2015/07/8±6 M6.3岩手県(N39.6,E141.3)または佐渡島近海(N38.3, E139.0)

 岩手県沖ではなく、岩手県内陸との予測は正しかった。予測した震央は盛岡市だった。 最大震度5弱を観測したのも盛岡市だった。 マグニチュードが少し乖離しているのは07/07の北海道東方沖M6.3と前兆領域がダブっていたためで、 ダブりの分を差し引く必要があった。 なお 07/07 北海道東方沖 震度3 h1km M6.3D,6.8V、Mw6.3(JMA)は
  P1507-01:2015/07/14±3 釧路沖(42.6N, 144.4E)M5.1
 に対応するものだが、データの転写ミスによりM6.3をM5.1と誤記載。
  R3:07/13 02:52 大分県南部(N33.0,E131,9)震度5強 h60km M5.7
            Mw5.5(JMA)
            M5.4 32.973°N 131.824°E h55.3km(USGS)
            Mw5.4 33.0N, 131.9E h56km (AQUA-CMT)

 が発生した。 これは以下の予測に対応するものだ。

- 07/09発信 -

  P1507-10:2015/07/12±3(通常)または07/17±3(遅れ現象2)
       中国地方から九州地方北西部(33.7N, 130.2E)M5.1
  P1507-06:2015/07/09±3 日向灘(32.3N, 132.6E)M5.2

 丁度両者(P1507-10、P1507-06)の真ん中のやや東寄りで発生した。 予測したマグニチュードM5.2とM5.1の合計エネルギーはM5.4となる。 Mw5.5(JMA)と発表されたのでマグニチュードも遜色ない。

  1.  

     2014年1月1日以降の震度5弱以上の地震に対して当会の予測はどのようであったかを表-1に示した。 その結果は、余震、誘発地震およびMw5.0以下を除く10地震にたいして予知していたものは9個であった。 サンプル数が少ないが、単純に計算すると的中率は9割となる。

  2.  

     M7.0と修正されたP1506-01dの震央(震源地の真上)、および発生日については、会員ページで検討する。

  3.  

     6/25に具体的な事例によって震度5弱以上という基準で地震予知情報を評価するのは誤りだと指摘した。 なぜなら同じ期間(2014年1月1日から2015年6月10日の約1年半) に発生したM6以上の14個もの発生地震を見逃しても良いことになってしまうからだ。
     一方2012年1月1日から2015年6月10日の約3年半に発生したM≧6.8の地震をリストアップし、 この地震(複数)に対して、当会の予知はどのようであったかを示した。
     読者諸氏にあっては、同じ検証をご存知の種々の地震予知サイトの情報について行ってみることをお勧めする。 他人の意見に左右されることなく自分で判断することが非常に重要だ。

     マグニチュードは1違うとエネルギーは32倍、2違うと32×32=1024倍、3違うと32700倍異なる。 例えて言うならば、第2次世界大戦で使われた最大の爆弾(原爆)の1個のエネルギーはM5.5程度と言われている。 つまりM6.5は32個一度に爆発させたもの、M7.5は1000個一度に爆発させたもの、 M8.5は32000個一度に爆発させたもので、まるで違う。M5.5と予測し、 実発生がM8.5であった場合、的中と評価するのは恥ずかしいことだ。 この程度の基礎知識は地震大国日本に住む住民にとっては必須事項である。

     震度5弱以上のみで評価すると重大な多くの地震を見逃しても良いことになってしまい、 評価方法としては適切ではないことを示した。 どうしても震度で評価したいのであれば、震度とマグニチュードの両縛りで評価するのが適切である。

地域別予測に関しては会員ページをご覧ください (東日本大震災の余震域については原則M6以上、そのほかの地域は原則M5.5以上)。 会員ページ記載の予測の漏洩ならびに転用は厳禁です。


- 地震予知情報作成日時:2015/07/09 22:25(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
- 地震予知情報掲載日時:2015/07/10 01:20 -

1. 総説

  1.  

     2014年1月1日以降の震度5弱以上の地震に対して当会の予測はどのようであったかを表-1に示した。 その結果は、余震、誘発地震およびMw5.0以下を除く10地震にたいして予知していたものは9個であった。 サンプル数が少ないが、単純に計算すると的中率は9割となる。

  2.  

     M7.0と修正されたP1506-01dの震央(震源地の真上)、および発生日については、会員ページで検討する。

  3.  

     前々回(6/25)具体的な事例によって 震度5弱以上という基準で地震予知情報を評価するのは誤りだと指摘した。 なぜなら同じ期間(2014年1月1日から2015年6月10日の約1年半)に発生したM6以上の14個もの発生地震を 見逃しても良いことになってしまうからだ(表-3)。
     一方2012年1月1日から2015年6月10日の約3年半に発生したM≧6.8の地震をリストアップし(表-4)、 この地震(複数)に対して、当会の予知はどのようであったかを示した(表-5)。  読者諸氏にあっては、同じ検証をご存知の種々の地震予知サイトの情報について行ってみることをお勧めする。 他人の意見に左右されることなく自分で判断することが非常に重要だ。

     以下前々回(06/25)と同じ記事だ。

     前々回(6/19)に 「2012年1月1日から2015年6月10日の日本周辺のMj>=6.8をF-NETにより示した (2011.3.11以降年末までは地震多発につき、でたらめに予測しても当たってしまうので、評価対象外とする)。 表-4参照。

     今回は2014年1月1日から2015年6月10日の日本周辺のマグニチュードではなく 震度5弱以上のリストを示す(気象庁)

    表-1震源リスト(震度5弱以上)

    地震の発生日時震央地名緯度経度深さMjMW最大震度評価
    12015.6.4 4:34網走地方43°29.5′N144°03.6′E0kmM5.04.85弱×
    22015.5.30 20:23小笠原諸島西方沖27°51.6′N140°40.9′E682kmM8.17.95強
    32015.5.25 14:28埼玉県北部36°03.2′N139°38.3′E56kmM5.55.25弱
    42015.5.22 22:28奄美大島近海28°33.7′N129°37.2′E21kmM5.155弱
    52015.5.13 6:12宮城県沖38°51.7′N142°09.0′E46kmM6.86.85強
    62015.2.17 13:46岩手県沖40°05.1′N142°06.7′E50kmM5.75.45強
    72015.2.6 10:25徳島県南33°44.0′N134°22.2′E11kmM5.14.85強
    82014.11.22 22:37長野県北部36°46.7′N137°54.6′E3kmM4.55弱
    92014.11.22 22:08長野県北部36°41.5′N137°53.4′E5kmM6.76.26弱
    102014.9.16 12:28茨城県南部36°05.6′N139°51.8′E47kmM5.65.45弱
    112014.9.3 16:24栃木県北部36°52.4′N139°31.3′E7kmM5.14.95弱×※
    122014.8.10 12:43青森県東方沖41°08.0′N142°16.7′E51kmM6.16.15弱
    132014.7.8 18:05胆振地方中東部42°38.9′N141°16.0′E3kmM5.65.45弱×
    142014.7.5 7:42岩手県沖39°40.5′N142°08.1′E49kmM5.95.75弱
    152014.5.5 5:18伊豆大島近海34°57.1′N139°28.8′E156kmM6.065弱
    162014.3.14 2:06伊予灘33°41.5′N131°53.4′E78kmM6.26.35強

    6、8番は余震および誘発地震であるので評価対象から除く
    評価対象が16-2=14の場合
    ◎+○は9個
    1、4、7、11番はMw5.0以下であるので評価対象から除けば評価対象は16-6=10個
    ◎+○ は 9個
    11番は後日、山形県沖の予測地震P1408-05:9/4±4(M5.5)が対応と判断され、○となる。

     上記評価は客観的な評価基準(下表)に基づく。

    表-2 評価基準

    予測震央と実発生震央の距離(km)
    M204080160320640128025605120
    4.6以下
    4.7-5.6
    5.7-6.6
    6.7-7.6
    7.7-8.6
    8.7以上
    予測地震と実発生地震のマグニチュードの差
    ±0.3
    ±0.5
    ±1.0
    ±1.5
    発生予測日と実発生日の差
    M±1日±3日±7日±14日±28日±56日±112日±224日
    4.7-5.6
    5.7-6.6
    6.7-7.6
    7.7-8.6
    8.7以上
           

    総合評価

    ×
    ×
    ×

    総合評価で◎と◯のみを的中とし、△は参考程度とします。

    ◎ 的中
    ○ まあまあ的中
    △ 当らずといへども遠からず
    ▲ 無いよりはまし
    × はずれ

     大地震の余震、誘発地震の予測は評価対象から除く

     さて、震度5弱以上の地震という基準でくくれば上記表-1のように16個の地震が拾える。 ところで同じ期間に発生したM>=6.0は表-3(F-netによる)のようになる。

    表-3

     2014/01/01,??:?? ≦ 地震発生時刻(JST) ≦ 2015/06/1
    6.0 ≦ マグニチュード(Mj) ≦ 9.9
    地震発生時刻(JST)緯度(N)経度(E)深さ(km)(Mj)震源地
    2014/03/03,05:11:2227.3828127.3951156.4NW_OFF_OKINAWAJIMA_IS
    2014/03/14,02:06:5033.6917131.8913786.2IYONADA_SETONAIKAI
    2014/03/19,21:19:2523.9368122.2825206TAIWAN_REGION
    2014/05/05,05:18:2434.9437139.49551616SAGAMINADA
    2014/06/29,14:56:3224.5182142.44781396.4IOTO_ISLANDS_REGION
    2014/07/01,04:55:3128.316139.17825396.2W_OFF_OGASAWARA
    2014/07/12,04:22:0037.05142.3208337E_OFF_FUKUSHIMA_PREF
    2014/07/21,03:32:4744.602148.8478306.4SE_OFF_ETOROFU
    2014/08/10,12:43:1841.134142.279506.1E_OFF_AOMORI_PREF
    2014/08/29,04:14:3532.1412132.1455186HYUGANADA_REGION
    2014/10/11,11:35:4640.9522143.2447366.1E_OFF_AOMORI_PREF
    2014/11/22,22:08:1736.6928137.89146.7NORTHERN_NAGANO_PREF
    2014/12/11,06:03:4025.4403122.45352496.1NW_OFF_ISHIGAKIJIMA_IS
    2014/12/20,18:29:5737.4253141.606446E_OFF_FUKUSHIMA_PREF
    2015/02/14,05:06:3022.6013121.4273286.2TAIWAN_REGION
    2015/02/17,08:06:3439.8723143.1927126.9FAR_E_OFF_SANRIKU
    2015/02/20,13:25:2039.9127143.732286.5FAR_E_OFF_SANRIKU
    2015/02/21,19:13:5139.8948143.61116.4FAR_E_OFF_SANRIKU
    2015/02/25,16:00:5931.089142.137446.1NEAR_TORISHIMA_IS
    2015/04/20,10:42:5523.9557122.4273226.8NW_OFF_ISHIGAKIJIMA_IS
    2015/04/20,20:45:1323.9578122.4765206NW_OFF_ISHIGAKIJIMA_IS
    2015/04/20,20:59:5823.9338122.4862216.4NW_OFF_ISHIGAKIJIMA_IS
    2015/05/11,06:25:4431.2318142.146106.3NEAR_TORISHIMA_IS
    2015/05/13,06:12:5838.8628142.1502466.8E_OFF_MIYAGI_PREF
    2015/05/30,20:23:0227.8608140.68256818.1W_OFF_OGASAWARA
    2015/05/31,03:49:0630.7745143.1283456.6FAR_E_OFF_IZU_ISLANDS

     余震、誘発地震を除くと25-5=20
    このうち震度5弱以上は6個(赤色)で、残り14個のM>=6.0は評価しなくて良いこととなるので 震度のみで地震予知を評価するのは適切ではないことがお分かりだと思う。

    表-4(前回(6/19掲載)

    2012.1.1〜2015.6.10 日本周辺で Mj>=6.8 Mwはモーメントマグニチュード(気象庁)
    番号地震発生時刻(JST)緯度(N)経度(E)深さ(km)マグニチュード震源地
    MjMw
    12012/01/01, 14:27:5231.428138.566539776.8NEAR_TORISHIMA_IS
    22012/03/14, 18:08:3340.7753145.2275646.96.9FAR_SE_OFF_HOKKAIDO
    32012/08/14, 11:59:3649.1833145.88176547.37.7SOUTHERN_SEA_OF_OKHOTSK
    42012/12/07, 17:18:2037.8158144.3153467.37.3FAR_E_OFF_NORTH_HONSHU
    52013/04/19, 12:05:5445.3008150.957212577.2KURILE_ISLANDS_REGION
    62013/09/04, 09:18:2029.9358139.41754456.86.5NEAR_TORISHIMA_IS
    72013/10/26, 02:10:1837.1963144.5687567.17.1FAR_E_OFF_NORTH_HONSHU
    82014/07/12, 04:22:0037.05142.32083376.5E_OFF_FUKUSHIMA_PREF
    92015/02/17, 08:06:3439.8723143.1927126.96.7FAR_E_OFF_SANRIKU
    102015/04/20, 10:42:5523.9557122.4273226.86.3NW_OFF_ISHIGAKIJIMA_IS
    112015/05/13, 06:12:5838.8628142.1502466.86.8E_OFF_MIYAGI_PREF
    122015/05/30, 20:23:0227.8608140.68256818.17.9W_OFF_OGASAWARA

    (以上F-NETにMwを追加)
    4番はMj7.3に変更
    この12個の地震に対してどのような予測があったのか次表に示す(表-5)。
    2012.1.1〜2015.6.10 日本周辺 Mj≧6.8 評価はMwによって行う
    番号情報発信日予測日実発生差(日)予測震央差(km)マグニチュード備考
    緯度(N)経度(E)予測発生(MW)
    12011.12.301.51.1423144最小2306.86.80.1
    1.141330.5140.86.6
    22012.3.112.15※3.141340.2〜45.3142.2〜151.74406.96.90※3月1日予測維持ゆえ予実差13とした
    32012.8.87.278.14最小1348.6142.2最小5306.27.7(Mj7.3)1.1 (0.7)
    9.9431316.1
    8.140.11456.2
    7.21341426.4
    Mt=6.6
    42012.12.511.27※12.7244.4 42.2147 146.5810 5327.27.30.1※12月5日予測維持ゆえ予実差2とした
    52013.4.184.19大規模7.24.17大気重力波から大規模地震警告
    (cf.パキスタン4.16 M7.8)
    62013.6.26.119.45133.4138.8最小1805.46.5 (Mj6.8)0.2 (0.1)
    2013.6.197.1281436.2
    2013.7.37.1531.6139.25.9
    7.11371545.8
    Mt=6.7
    72013.10.2210.1710.26938.6142,62307.17.10 
    82014.7.107.127.12035.5143.42006.96.5 (Mj7.0)0.4 (0.1) 
    92015.22.19※2.172※   6.7※6.70※※発信は間に合わず。
    地震後の計測ではM6.7
    麒麟地震研究所事前に警告発す
    102015.4.17       6.3 (Mj6.8) ※台湾周辺また大きめ地震(マンパワー不足)
    112015.5.85.115.13240141.051506.96.80.1 
    122015.5.215.265.30441.1143.915007.5(7.9)7.90.4 (0)( )は地震後再計測

     全ての大地震については必ず大気重力波による前兆は存在しておりMの予実差は非常に小さい。
     大地震について遺漏なく予知することが大切だと考える。
     マグニチュードは1違うとエネルギーは32倍、2違うと32×32=1024倍、3違うと32700倍異なる。
     例えて言うならば、第2次世界大戦で使われた最大の爆弾の1個のエネルギーはM5.5程度と言われている。 つまりM6.5は32個一度に爆発させたもの、M7.5は1000個一度に爆発させたもの、 M8.5は32000個一度に爆発させたもので、まるで違う。 M5.5と予測し、実発生がM8.5であった場合、的中と評価するのは恥ずかしいことだ。 この程度の基礎知識は地震大国日本に住む住民にとっては必須事項である。

     震度5弱以上のみで評価すると重大な多くの地震を見逃しても良いことになってしまい 評価方法としては適切ではないことを示した。 どうしても震度で評価したいのであれば、震度とマグニチュードの両縛りで評価するのが適切である。

地域別予測に関しては会員ページをご覧ください (東日本大震災の余震域については原則M6以上、そのほかの地域は原則M5.5以上)。 会員ページ記載の予測の漏洩ならびに転用は厳禁です。


- 地震予知情報作成日時:2015/07/02 23:25(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
- 地震予知情報掲載日時:2015/07/03 23:10 -

1. 総説

  1.  

     2015/03/19 21:50に次のように述べました 「オーロラが国内では2004年11月以来だという,3/18未明に北海道名寄市付近で観測されたそうです。
     前回(2004年)も北海道名寄地方で11/9日午前1時頃。
     ある種のオーロラと地震とは関係がありそうです(未発表)。
    前回のオーロラに対応する地震は次の通りです。このときはM(2個と予測)と発生時期の予測に関しては正確でした。
      R:2004/11/29 03:12 釧路沖 M7.1 h50km
      R:2004/12/07 23:15 根室半島南東沖 M7.0 h50km
     今回はどうでしょうか? 因みに2013/05/24 14:44JST オホーツク海 深発 M8.3 h600km に 後続するはずのプレート潜り込み付近の大地震はまだ発生していません。 深発後2年程度と考えられます。」 これに対して 2015/03/18以降現在(6/27)までのM≧6.8は
      1.04/20,10:42:55 23.956 122.427 h22  M6.8 NW_OFF_ISHIGAKIJIMA_IS
      2.05/13,06:12:58 38.863 142.150 h46  M6.8 E_OFF_MIYAGI_PREF
      3.05/30,20:23:02 27.861 140.683 h681 M8.1 W_OFF_OGASAWARA
      4.06/23,21:18:29 27.701 140.179 h483 M6.8 W_OFF_OGASAWARA
     の4個ですが、
     4.は誘発地震なので除くと、約2.5ヶ月(73日)でM6.8以上が3個となり、かなり異常です。 なんらかの関係があったとみなせましょう。
     ちなみに、2015.3.18以前の1年間ではM≧6.8は
      2014/07/12,04:22:00 37.050 142.321 h33 M7.0 E_OFF_FUKUSHIMA_PREF
      2015/02/17,08:06:34 39.872 143.193 h12 M6.9 FAR_E_OFF_SANRIKU
    の2個のみです。 現在(6/23,夜)またオーロラが北海道(稚内)で観察されているようです。
     P1506-01dで大地震を予測している最中なので要注意です。

  2.  

     M7.0と修正されたP1506-01dの震央(震源地の真上)、および発生日については、会員ページで検討する。

  3.  

     前回(6/25)具体的な事例によって震度5弱以上という範疇で地震予知情報を評価するのは誤りだと指摘した。 なぜなら同じ期間(2014年1月1日から2015年6月10日の約1年半)に発生した M6以上の14個もの発生地震を見逃しても良いことになってしまうからだ(表-3)。
     一方2012年1月1日から2015年6月10日の約3年半に発生したM≧6.8の地震をリストアップし(表-4)、 この地震(複数)に対して、当会の予知はどのようであったかを示した(表-5)。
     読者諸氏にあっては、 同じ検証をご存知の種々の地震予知サイトの情報について検証してみることをお勧めする。 他人の意見に左右されることなく自分で判断することが非常に重要だ。

 以下前回(06/25)と同じ記事だ。 

 前々回(6/19)に 「2012年1月1日から2015年6月10日の日本周辺のMj>=6.8をF-NETにより示した (2011.3.11以降年末までは地震多発につき、でたらめに予測しても当たってしまうので、評価対象外とする)。 表-4参照。

 今回は2012 2014年1月1日から2015年6月10日の日本周辺のマグニチュードではなく 震度5弱以上のリストを示す(気象庁)

表-1震源リスト(震度5弱以上)

地震の発生日時震央地名緯度経度深さMjMW最大震度評価
12015.6.4 4:34網走地方43°29.5′N144°03.6′E0kmM5.04.85弱×
22015.5.30 20:23小笠原諸島西方沖27°51.6′N140°40.9′E682kmM8.17.95強
32015.5.25 14:28埼玉県北部36°03.2′N139°38.3′E56kmM5.55.25弱
42015.5.22 22:28奄美大島近海28°33.7′N129°37.2′E21kmM5.155弱
52015.5.13 6:12宮城県沖38°51.7′N142°09.0′E46kmM6.86.85強
62015.2.17 13:46岩手県沖40°05.1′N142°06.7′E50kmM5.75.45強
72015.2.6 10:25徳島県南33°44.0′N134°22.2′E11kmM5.14.85強
82014.11.22 22:37長野県北部36°46.7′N137°54.6′E3kmM4.55弱
92014.11.22 22:08長野県北部36°41.5′N137°53.4′E5kmM6.76.26弱
102014.9.16 12:28茨城県南部36°05.6′N139°51.8′E47kmM5.65.45弱
112014.9.3 16:24栃木県北部36°52.4′N139°31.3′E7kmM5.14.95弱×※
122014.8.10 12:43青森県東方沖41°08.0′N142°16.7′E51kmM6.16.15弱
132014.7.8 18:05胆振地方中東部42°38.9′N141°16.0′E3kmM5.65.45弱×
142014.7.5 7:42岩手県沖39°40.5′N142°08.1′E49kmM5.95.75弱
152014.5.5 5:18伊豆大島近海34°57.1′N139°28.8′E156kmM6.065弱
162014.3.14 2:06伊予灘33°41.5′N131°53.4′E78kmM6.26.35強

6、8番は余震および誘発地震であるので評価対象から除く
評価対象が16-2=14の場合
◎+○は9個
1、4、7、11番はMw5.0以下であるので評価対象から除けば評価対象は16-6=10個
◎+○ は 9個
11番は後日、山形県沖の予測地震P1408-05:9/4±4(M5.5)が対応と判断され、○となる。

 上記評価は客観的な評価基準(下表)に基づく。

表-2 評価基準

予測震央と実発生震央の距離(km)
M204080160320640128025605120
4.6以下
4.7-5.6
5.7-6.6
6.7-7.6
7.7-8.6
8.7以上
予測地震と実発生地震のマグニチュードの差
±0.3
±0.5
±1.0
±1.5
発生予測日と実発生日の差
M±1日±3日±7日±14日±28日±56日±112日±224日
4.7-5.6
5.7-6.6
6.7-7.6
7.7-8.6
8.7以上
       

総合評価

×
×
×

総合評価で◎と◯のみを的中とし、△は参考程度とします。

◎ 的中
○ まあまあ的中
△ 当らずといへども遠からず
▲ 無いよりはまし
× はずれ

 大地震の余震、誘発地震の予測は評価対象から除く

 さて、震度5弱以上の地震という基準でくくれば上記表-1のように16個の地震が拾える。 ところで同じ期間に発生したM>=6.0は表-3(F-netによる)のようになる。

表-3

 2014/01/01,??:?? ≦ 地震発生時刻(JST) ≦ 2015/06/1
6.0 ≦ マグニチュード(Mj) ≦ 9.9
地震発生時刻(JST)緯度(N)経度(E)深さ(km)(Mj)震源地
2014/03/03,05:11:2227.3828127.3951156.4NW_OFF_OKINAWAJIMA_IS
2014/03/14,02:06:5033.6917131.8913786.2IYONADA_SETONAIKAI
2014/03/19,21:19:2523.9368122.2825206TAIWAN_REGION
2014/05/05,05:18:2434.9437139.49551616SAGAMINADA
2014/06/29,14:56:3224.5182142.44781396.4IOTO_ISLANDS_REGION
2014/07/01,04:55:3128.316139.17825396.2W_OFF_OGASAWARA
2014/07/12,04:22:0037.05142.3208337E_OFF_FUKUSHIMA_PREF
2014/07/21,03:32:4744.602148.8478306.4SE_OFF_ETOROFU
2014/08/10,12:43:1841.134142.279506.1E_OFF_AOMORI_PREF
2014/08/29,04:14:3532.1412132.1455186HYUGANADA_REGION
2014/10/11,11:35:4640.9522143.2447366.1E_OFF_AOMORI_PREF
2014/11/22,22:08:1736.6928137.89146.7NORTHERN_NAGANO_PREF
2014/12/11,06:03:4025.4403122.45352496.1NW_OFF_ISHIGAKIJIMA_IS
2014/12/20,18:29:5737.4253141.606446E_OFF_FUKUSHIMA_PREF
2015/02/14,05:06:3022.6013121.4273286.2TAIWAN_REGION
2015/02/17,08:06:3439.8723143.1927126.9FAR_E_OFF_SANRIKU
2015/02/20,13:25:2039.9127143.732286.5FAR_E_OFF_SANRIKU
2015/02/21,19:13:5139.8948143.61116.4FAR_E_OFF_SANRIKU
2015/02/25,16:00:5931.089142.137446.1NEAR_TORISHIMA_IS
2015/04/20,10:42:5523.9557122.4273226.8NW_OFF_ISHIGAKIJIMA_IS
2015/04/20,20:45:1323.9578122.4765206NW_OFF_ISHIGAKIJIMA_IS
2015/04/20,20:59:5823.9338122.4862216.4NW_OFF_ISHIGAKIJIMA_IS
2015/05/11,06:25:4431.2318142.146106.3NEAR_TORISHIMA_IS
2015/05/13,06:12:5838.8628142.1502466.8E_OFF_MIYAGI_PREF
2015/05/30,20:23:0227.8608140.68256818.1W_OFF_OGASAWARA
2015/05/31,03:49:0630.7745143.1283456.6FAR_E_OFF_IZU_ISLANDS

 余震、誘発地震を除くと25-5=20
このうち震度5弱以上は6個(赤色)で、残り14個のM>=6.0は評価しなくて良いこととなるので 震度のみで地震予知を評価するのは適切ではないことがお分かりだと思う。

表-4(前回(6/19掲載)

2012.1.1〜2015.6.10 日本周辺で Mj>=6.8 Mwはモーメントマグニチュード(気象庁)
番号地震発生時刻(JST)緯度(N)経度(E)深さ(km)マグニチュード震源地
MjMw
12012/01/01, 14:27:5231.428138.566539776.8NEAR_TORISHIMA_IS
22012/03/14, 18:08:3340.7753145.2275646.96.9FAR_SE_OFF_HOKKAIDO
32012/08/14, 11:59:3649.1833145.88176547.37.7SOUTHERN_SEA_OF_OKHOTSK
42012/12/07, 17:18:2037.8158144.3153467.37.3FAR_E_OFF_NORTH_HONSHU
52013/04/19, 12:05:5445.3008150.957212577.2KURILE_ISLANDS_REGION
62013/09/04, 09:18:2029.9358139.41754456.86.5NEAR_TORISHIMA_IS
72013/10/26, 02:10:1837.1963144.5687567.17.1FAR_E_OFF_NORTH_HONSHU
82014/07/12, 04:22:0037.05142.32083376.5E_OFF_FUKUSHIMA_PREF
92015/02/17, 08:06:3439.8723143.1927126.96.7FAR_E_OFF_SANRIKU
102015/04/20, 10:42:5523.9557122.4273226.86.3NW_OFF_ISHIGAKIJIMA_IS
112015/05/13, 06:12:5838.8628142.1502466.86.8E_OFF_MIYAGI_PREF
122015/05/30, 20:23:0227.8608140.68256818.17.9W_OFF_OGASAWARA

(以上F-NETにMwを追加)
4番はMj7.3に変更
この12個の地震に対してどのような予測があったのか次表に示す(表-5)。
2012.1.1〜2015.6.10 日本周辺 Mj≧6.8 評価はMwによって行う
番号情報発信日予測日実発生差(日)予測震央差(km)マグニチュード備考
緯度(N)経度(E)予測発生(MW)
12011.12.301.51.1423144最小2306.86.80.1
1.141330.5140.86.6
22012.3.112.15※3.141340.2〜45.3142.2〜151.74406.96.90※3月1日予測維持ゆえ予実差13とした
32012.8.87.278.14最小1348.6142.2最小5306.27.7(Mj7.3)1.1 (0.7)
9.9431316.1
8.140.11456.2
7.21341426.4
Mt=6.6
42012.12.511.27※12.7244.4 42.2147 146.5810 5327.27.30.1※12月5日予測維持ゆえ予実差2とした
52013.4.184.19大規模7.24.17大気重力波から大規模地震警告
(cf.パキスタン4.16 M7.8)
62013.6.26.119.45133.4138.8最小1805.46.5 (Mj6.8)0.2 (0.1)
2013.6.197.1281436.2
2013.7.37.1531.6139.25.9
7.11371545.8
Mt=6.7
72013.10.2210.1710.26938.6142,62307.17.10 
82014.7.107.127.12035.5143.42006.96.5 (Mj7.0)0.4 (0.1) 
92015.22.19※2.172※   6.7※6.70※※発信は間に合わず。
地震後の計測ではM6.7
麒麟地震研究所事前に警告発す
102015.4.17       6.3 (Mj6.8) ※台湾周辺また大きめ地震(マンパワー不足)
112015.5.85.115.13240141.051506.96.80.1 
122015.5.215.265.30441.1143.915007.5(7.9)7.90.4 (0)( )は地震後再計測

 全ての大地震については必ず大気重力波による前兆は存在しておりMの予実差は非常に小さい。
 大地震について遺漏なく予知することが大切だと考える。
 マグニチュードは1違うとエネルギーは32倍、2違うと32×32=1024倍、3違うと32700倍異なる。
 例えて言うならば、第2次世界大戦で使われた最大の爆弾の1個のエネルギーはM5.5程度と言われている。 つまりM6.5は32個一度に爆発させたもの、M7.5は1000個一度に爆発させたもの、 M8.5は32000個一度に爆発させたもので、まるで違う。 M5.5と予測し、実発生がM8.5であった場合、的中と評価するのは恥ずかしいことだ。 この程度の基礎知識は地震大国日本に住む住民にとっては必須事項である。

 震度5弱以上のみで評価すると重大な多くの地震を見逃しても良いことになってしまい 評価方法としては適切ではないことを示した。 どうしても震度で評価したいのであれば、震度とマグニチュードの両縛りで評価するのが適切である。

地域別予測に関しては会員ページをご覧ください (東日本大震災の余震域については原則M6以上、そのほかの地域は原則M5.5以上)。 会員ページ記載の予測の漏洩ならびに転用は厳禁です。

会員トップページに戻る