中波帯電磁波ノイズ観測、大気重力波観測による地震発生予測実験

 当ページの色分けは次の通りです。 原則としてM5.0未満の予測は記載しないこととしています。

赤(P) :M5.5以上の予測
青(P) :M5.5未満M5.0以上の予測
緑(R) :予測に対応した発生地震
黒(P,R):M5.0未満の予測、および予測していなかった発生地震


- 地震予知情報作成日時:2014/09/24 20:15(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
- 地震予知情報掲載日時:2014/09/24 23:15 -

1. 総説

 被害の出そうな大地震の予測について、この総説で公表しているにもかかわらず、 当会の会員さまからは苦情がきませんし、こころよく会員資格の更新もしていただいており、感謝に堪えません。 地震予知情報が欲しいというよりは、 すこしは望みのある研究を支援してあげようという心意気にあふれているように感じられます。 わたしどもの研究活動はこのような会員さまのご支援によってなりたっております。
 現在予測中の大地震が想定震源で発生した場合はかなりの被害が発生しますので、 どうか国民の皆様にあっては十分なご注意をお願いしたいと思います。 当会の予測の実績につきましては過去ログを総て読んでいただければ納得していただけるものと確信しております。 ただ記事は膨大なページ数(1500から2000ページ?;数えたことがないので正確な数字は不明)となっているため、 全文の読破には数ヶ月から半年あまりの時間を要しますので、 せめて「予測対応地震の発生」を読んで戴けたら幸甚です。

 今回は、A.の記事のみ修正します。

  1.  

     前回(9/19)に
     「P1407-06e:2014/9/14±8 M7.3  震央は次の様に予測されます。
             A;房総半島東方沖(N35.1, E140.7)
             B;または福島県沖(N37.5, E143.2)
     発生日は最近の遅れ傾向から計算してあります」 の予測に対して 「2012年12月7日のM7.3や、2013年10月26日のM7.1の直前に出た信号と同じ信号(未発表)が最近観測されましたので、 誤差範囲の最終日を待たないで、ここ一両日(9/19,または9/20)に発生する可能性が高くなりました」 と述べましたが、該当日には発生しませんでした。 また
     「昨今の日本列島各地での大雨の頻発や、 北米大陸にやや大きめの大気重力波による前兆が見られたことから、この北米の大気重力波と合体して、 したがって予測Mはもっと大きいのではないかと心配し、西経165°より東方をサーチしました。 しかし、今のところM7.3を大きく超えることは無さそうです」と述べました。 9/21、9/23に西経165°より東側をサーチしたところ、やや東方に拡大しており、 その面積は約140万km2ですが、 まだ北米大陸の大気重力波とは合体していませんでした。 合計すると750万km2で、Mは7.4と計算されました。 このことから、発生日は“遅れ”を考慮して次のように計算されました。
      P1407-06f:2014/9/26±8 M7.4  震央は次の様に予測されます。
              A;房総半島東方沖(N35.1, E140.7)
              B;または福島県沖(N37.5, E143.2)
     震央候補地Aの場合は津波も含め、かなりの被害が予測されます。 候補地Aは今年1月初めにスロースリップが観測された箇所です。 Bでは7/12福島県沖M7.0よりも高い津波が発生する可能性があります。

     麒麟地震研究所のtwitterによって宏観異常現象や、 海水干退現象についての情報を求めましたが、今のところ多くは寄せられていません。 2012年12月7日に三陸沖でM7.3の地震があり、巨大地震が後続するかどうかを判断するために、 同じようにtwitterで情報を寄せていただいたことがありました。 その結果、巨大地震はすぐには無いと判断しました(2012年12月14日記事)。
     海水干退現象は津波の直前の引き潮とは異なり、 直後に津波が押し寄せてくるわけではありませんので多勢の人が避難できるよう、 まず情報をよせていただいて、その上で避難していただきたいと思います。


- 地震予知情報作成日時:2014/09/24 20:15(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
- 地震予知情報掲載日時:2014/09/24 23:15 -

1. 総説

 被害の出そうな大地震の予測について、この総説で公表しているにもかかわらず、 当会の会員さまからは苦情がきませんし、こころよく会員資格の更新もしていただいており、感謝に堪えません。 地震予知情報が欲しいというよりは、 すこしは望みのある研究を支援してあげようという心意気にあふれているように感じられます。 わたしどもの研究活動はこのような会員さまのご支援によってなりたっております。
 現在予測中の大地震が想定震源で発生した場合はかなりの被害が発生しますので、 どうか国民の皆様にあっては十分なご注意をお願いしたいと思います。 当会の予測の実績につきましては過去ログを総て読んでいただければ納得していただけるものと確信しております。 ただ記事は膨大なページ数(1500から2000ページ?;数えたことがないので正確な数字は不明)となっているため、 全文の読破には数ヶ月から半年あまりの時間を要しますので、 せめて「予測対応地震の発生」を読んで戴けたら幸甚です。

 今回は、A.の記事のみ修正します。

  1.  

     前回(9/19)に
     「P1407-06e:2014/9/14±8 M7.3  震央は次の様に予測されます。
             A;房総半島東方沖(N35.1, E140.7)
             B;または福島県沖(N37.5, E143.2)
     発生日は最近の遅れ傾向から計算してあります」 の予測に対して 「2012年12月7日のM7.3や、2013年10月26日のM7.1の直前に出た信号と同じ信号(未発表)が最近観測されましたので、 誤差範囲の最終日を待たないで、ここ一両日(9/19,または9/20)に発生する可能性が高くなりました」 と述べましたが、該当日には発生しませんでした。 また
     「昨今の日本列島各地での大雨の頻発や、 北米大陸にやや大きめの大気重力波による前兆が見られたことから、この北米の大気重力波と合体して、 したがって予測Mはもっと大きいのではないかと心配し、西経165°より東方をサーチしました。 しかし、今のところM7.3を大きく超えることは無さそうです」と述べました。 9/21、9/23に西経165°より東側をサーチしたところ、やや東方に拡大しており、 その面積は約140万km2ですが、 まだ北米大陸の大気重力波とは合体していませんでした。 合計すると750万km2で、Mは7.4と計算されました。 このことから、発生日は“遅れ”を考慮して次のように計算されました。
      P1407-06f:2014/9/26±8 M7.4  震央は次の様に予測されます。
              A;房総半島東方沖(N35.1, E140.7)
              B;または福島県沖(N37.5, E143.2)
     震央候補地Aの場合は津波も含め、かなりの被害が予測されます。 候補地Aは今年1月初めにスロースリップが観測された箇所です。 Bでは7/12福島県沖M7.0よりも高い津波が発生する可能性があります。

     麒麟地震研究所のtwitterによって宏観異常現象や、 海水干退現象についての情報を求めましたが、今のところ多くは寄せられていません。 2012年12月7日に三陸沖でM7.3の地震があり、巨大地震が後続するかどうかを判断するために、 同じようにtwitterで情報を寄せていただいたことがありました。 その結果、巨大地震はすぐには無いと判断しました(2012年12月14日記事)。
     海水干退現象は津波の直前の引き潮とは異なり、 直後に津波が押し寄せてくるわけではありませんので多勢の人が避難できるよう、 まず情報をよせていただいて、その上で避難していただきたいと思います。


- 地震予知情報作成日時:2014/09/19 00:30(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
- 地震予知情報掲載日時:2014/09/19 22:20 -

1. 総説

 被害の出そうな大地震の予測について、この総説で公表しているにもかかわらず、 当会の会員さまからは苦情がきませんし、 こころよく会員資格の更新もしていただいており、感謝に堪えません。 地震予知情報が欲しいというよりは、 すこしは望みのある研究を支援してあげようという心意気にあふれているように感じられます。 わたしどもの研究活動はこのような会員さまのご支援によってなりたっております。
 現在予測中の大地震が想定震源で発生した場合はかなりの被害が発生しますので、 どうか国民の皆様にあっては十分なご注意をお願いしたいと思います。 当会の予測の実績につきましては過去ログを総て読んでいただければ納得していただけるものと確信しております。 ただ記事は膨大なページ数(1500から2000ページ?;数えたことがないので正確な数字は不明)となっているため、 全文の読破には数ヶ月から半年あまりの時間を要しますので、 せめて「予測対応地震の発生」を読んで戴けたら幸甚です。

 今回は、A.の記事のみ掲載します。

  1.  

     前回(9/11)記載の 「9/7午前中に落雷が頻発していることから次のように微修正します。
      P1407-06e:2014/9/14±8 M7.3  震央は次の様に予測されます。
              A;房総半島東方沖(N35.1, E140.7)
              B;または福島県沖(N37.5, E143.2)
     発生日は最近の遅れ傾向から計算してあります。
    「ただ震央候補地付近に9/7午前中に落雷が頻発していることから 中央値の9/14よりもマイナス側(9/7から9/14)で発生する可能性の方が高くなりました」 については、マイナス側では発生しませんでした。 2012年12月7日のM7.3や、2013年10月26日のM7.1の直前に出た信号と同じ信号(未発表)が最近観測されましたので、 誤差範囲の最終日を待たないで、ここ一両日(9/19,または9/20)に発生する可能性が高くなりました。
     8/27述べたように誘発地震ではないようなので、震央候補地Bの可能性は低くなりましたが、 全く可能性が消えたわけではないので掲載を続けます。
     震央候補地Aの場合は津波も含め、 かなりの被害が予測されます。 候補地Aは今年1月初めにスロースリップが観測された箇所です。 Bでは7/12福島県沖M7.0よりも高い津波が発生する可能性があります。
     昨今の日本列島各地での大雨の頻発や、北米大陸にやや大きめの大気重力波による前兆が見られたことから、 この北米の大気重力波と合体して、したがって予測Mはもっと大きいのではないかと心配し、 西経165°より東方をサーチしました。 しかし、今のところM7.3を大きく超えることは無さそうです。
     麒麟地震研究所のtwitterによって宏観異常現象や、海水干退現象についての情報を求めましたが、 今のところ多くは寄せられていません。 2012年12月7日に三陸沖でM7.3の地震があり、巨大地震が後続するかどうかを判断するために、 同じようにtwitterで情報を寄せていただいたことがありました。 その結果、巨大地震はすぐには無いと判断しました(2012年12月14日記事)。
     海水干退現象は津波の直前の引き潮とは異なり、 直後に津波が押し寄せてくるわけではありませんので多勢の人が避難できるよう、 まず情報をよせていただいて、その上で避難していただきたいと思います。

 地域別予測に関しては会員ページをご覧ください (余震域については原則M6以上のみ,そのほかの地域は原則M5.5以上)。 会員ページ記載の予測の漏洩ならびに転用は厳禁です。


- 地震予知情報作成日時:2014/09/11 23:50(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
- 地震予知情報掲載日時:2014/09/13 00:30 -

1. 総説

今回は、A.の記事のみ掲載します。

  1.  

     9/7午前中に落雷が頻発していることから次のように微修正します。
      P1407-06e:2014/9/14±8 M7.3  震央は次の様に予測されます。
              A;房総半島東方沖(N35.1, E140.7)
              B;または福島県沖(N37.5, E143.2)
     発生日は最近の遅れ傾向から計算してあります。
    ただ震央候補地付近に9/7午前中に落雷が頻発していることから 中央値の9/14よりもマイナス側(9/7から9/14)で発生する可能性の方が高くなりました。
     前々回(8/27)述べたように誘発地震ではないようなので、震央候補地Bの可能性は低くなりましたが、 全く可能性が消えたわけではないので掲載を続けます。

     震央候補地Aの場合はかなりの被害が予測されます。 候補地Aは今年1月初めにスロースリップが観測された箇所です。 Bでは7/12福島県沖M7.0よりも高い津波が発生する可能性があります。
     昨今の日本列島各地での大雨の頻発や、北米大陸にやや大きめの大気重力波による前兆が見られたことから、 この北米の大気重力波と合体して、したがって予測Mはもっと大きいのではないかと心配し、 西経165°より東方をサーチしました。 しかし、今のところM7.3を大きく超えることは無さそうです。
     麒麟地震研究所のtwitterによって宏観異常現象や、海水干退現象についての情報を求めましたが、 今のところ多くは寄せられていません。 2012年12月7日に三陸沖でM7.3の地震があり、巨大地震が後続するかどうかを判断するために、 同じようにtwitterで情報を寄せていただいたことがありました。 その結果、巨大地震はすぐには無いと判断しました(2012年12月14日記事)。
     海水干退現象は津波の直前の引き潮とは異なり、直後に津波が押し寄せてくるわけではありませんので、 まず情報をよせていただいて、その上で避難していただきたいと思います。

 地域別予測に関しては会員ページをご覧ください (余震域については原則M6以上のみ,そのほかの地域は原則M5.5以上)。 会員ページ記載の予測の漏洩ならびに転用は厳禁です。


- 地震予知情報作成日時:2014/09/07 13:15(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
- 地震予知情報掲載日時:2014/09/07 22:00 -

臨時地震予知情報

 今回は、A.の記事のみ変更です。

  1.  

     9/7午前中に落雷が頻発していることから次のように微修正します。
      P1407-06e:2014/9/14±8 M7.3  震央は次の様に予測されます。
              A;房総半島東方沖(N35.1, E140.7)
              B;または福島県沖(N37.5, E143.2)
     発生日は最近の遅れ傾向から計算してあります。 ただ震央候補地付近に9/7午前中に落雷が頻発していることから 中央値の9/14よりもマイナス側(9/7から9/14)で発生する可能性の方が高くなりました。
     前々回(8/27)述べたように誘発地震ではないようなので、震央候補地Bの可能性は低くなりましたが、 全く可能性が消えたわけではないので掲載を続けます。

     震央候補地Aの場合はかなりの被害が予測されます。 候補地Aは今年1月初めにスロースリップが観測された箇所です。 Bでは7/12福島県沖M7.0よりも高い津波が発生する可能性があります。


- 地震予知情報作成日時:2014/09/04 19:45(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
- 地震予知情報掲載日時:2014/09/05 01:30 -

1. 総説

 今回は、A、Fの記事のみ変更です。

  1.  

     8/27に似た領域に大気重力波が見られると前回(8/27)に述べましたが、 詳細を調べると、西経165°付近迄と面積がやや増大していたため次のように修正します。
      P1407-06d:2014/9/14±8 M7.3  震央は次の様に予測されます。
            A;房総半島東方沖(N35.1, E140.4)
            B;または福島県沖(N37.5, E143.2)
     発生日は最近の遅れ傾向から計算してあります。 震央候補地Aの場合はかなりの被害が予測されます。 候補地Aは今年1月初めにスロースリップが観測された箇所です。 Bでは7/12福島県沖M7.0よりも高い津波が発生する可能性があります。

  2.  アウターライズ地震について

     2011年3月末以来アウターライズ地震について世界で初めて述べました。
     アウターライズ地震という用語も、経緯はともかく、一般に知れ渡るようになりました。 この想定される巨大地震の震源域およびMについては既に述べました。 問題は何時発生するのかということですが、当サイトはそのために心血を注いでいます。
     懸念していたアウターライズ地震については、2013/10/26にM7.1(この地震も予知成功)として発生しましたが、 これは想定している規模よりはるかに小規模で、広義の前震と考えられます。巨大地震は未発生です。
     最近アウターライズでの小地震が頻発するようになりました。 要注意です。

  3.  

     日本周辺で、7/12の福島県沖M7.0が予測通り発生したり、 また新たな大きめの前兆(総説A.)が発生したりしています。 これらはさらなる巨大地震が後に控えていることを示すものと思われます。 要注意です。

  4.  

     すでに何度も指摘しているように当会の予測マグニチュードは非常に正確です。 特に大地震では正確です。 事前に正確なマグニチュードを求めることが出来るということの意義は小さくはないと考えられます。

  5.  

     現在は地球を一周する大気重力波が観測されています。 北半球の分布を調べましたが、地域によって多い少ないはありますが、概ね全域に亘って分布していました。 南半球の調査が終了後詳しく報告する予定です。

  6.  

     中国大陸の東端近く(東経120°前後)でM6台前半が2つほど予測されますが、 日本ではないため詳細は詰めないこととします。

  7.  

     7/17記載の 「千島列島北部からカムチャッカ半島からオホーツク海でのやや大きめの地震の前兆をキャッチしましたが、 日本ではないため詳細は詰めないこととします。」 については、下記が発生しましたが、まだいくつか発生する可能性が残っています。
      R:07/21 03:33 択捉島南東沖(N44.7,E148.3)震度3 h10km M6.2
              M 6.2 07/21 03:32:48 UTC+09:00 44.599°N 148.748°E 70.0km(USGS)
     また7月中旬にアリューシャン列島M7.9の余震もしくは誘発地震と考えられる大気重力波が見られました。 7月末から8月中旬でM7前半か?
     8/8にも大規模な大気重力波が見られ、同様な計算結果となっています。

  8.  

     前々回(7/24)記載の 「中国の渤海湾周辺でM6台後半が10月上旬までに予測されますが、日本ではないため詳細は控えさせていただきます」 については、震央候補地の一つとしてウラジオストック付近も浮上しました(7/25、26の大気重力波から)。

 地域別予測に関しては会員ページをご覧ください (余震域については原則M6以上のみ,そのほかの地域は原則M5.5以上)。 会員ページ記載の予測の漏洩ならびに転用は厳禁です。


会員トップページに戻る