中波帯電磁波ノイズ観測、大気重力波観測による地震発生予測実験

 当ページの色分けは次の通りです。 原則としてM5.0未満の予測は記載しないこととしています。

赤(P) :M5.5以上の予測
青(P) :M5.5未満M5.0以上の予測
緑(R) :予測に対応した発生地震
黒(P,R):M5.0未満の予測、および予測していなかった発生地震


- 地震予知情報作成日時:2013/06/26 21:20(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
- 地震予知情報掲載日時:2013/06/26 22:10 -

1.総説

  1.  

     従来は北海道、東北地方、関東地方に出ていた比較的大きな地震の大気重力波による前兆が、 最近、西日本方面、伊豆-小笠原諸島方面に出てくる傾向があります。 折しも政府によって、東海、東南海、南海地震の連動が発表され、等しく国民が不安を抱き始めています。 この中程度の前兆、従ってその結果としての発振が、直ちにこの連動地震に結びつくものではありませんが、 上記の様な傾向が見え始めているので、注意深く諸現象の経過を観察する必要があります。

  2. アウターライズ地震について

     2011年3月末以来度々アウターライズ地震について述べてきました。 アウターライズ地震という用語も、経緯はともかく、一般に知れ渡るようになりました。 この想定される巨大地震の震源域およびMについては既に述べました。 問題は何時発生するのかということですが、当サイトはそのために心血を注いでいます。 改竄すること無く全てを公開している過去ログをご覧になってお分かりのように、 当サイトの地震予知情報は相当の信頼性があります。 従って今後は慎重な情報の取り扱いが必要と考え、 アウターライズ地震に関する情報は会員ページでのみ述べることとします。

  3.  

     現在赤道付近のパプアニューギニアからインドネシアにかけて強く、広範囲の大気重力波が見られます。 概観すると、M7.5を超える見込みですが、マンパワーに余裕がありませんので詳細を詰める事が出来ません。

 地域別予測に関しては会員ページをご覧ください (余震域については原則M6以上のみ,そのほかの地域は原則M5.5以上)。 会員ページ記載の予測の漏洩ならびに転用は厳禁です。


- 地震予知情報作成日時:2013/06/19 22:45(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
- 地震予知情報掲載日時:2013/06/21 00:30 -

1. 総説

  1.  

     従来は北海道、東北地方、関東地方に出ていた比較的大きな地震の大気重力波による前兆が、 最近、西日本方面に出てくる傾向があります。 折しも政府によって、東海、東南海、南海地震の連動が発表され、等しく国民が不安を抱き始めています。 この中程度の前兆、従ってその結果としての発振が、直ちにこの連動地震に結びつくものではありませんが、 上記の様な傾向が見え始めているので、注意深く諸現象の経過を観察する必要があります。

  2.  アウターライズ地震について

     2011年3月末以来度々アウターライズ地震について述べてきました。 アウターライズ地震という用語も、経緯はともかく、一般に知れ渡るようになりました。 この想定される巨大地震の震源域およびMについては既に述べました。 問題は何時発生するのかということですが、当サイトはそのために心血を注いでいます。 改竄すること無く全てを公開している過去ログをご覧になってお分かりのように、 当サイトの地震予知情報は相当の信頼性があります。 従って今後は慎重な情報の取り扱いが必要と考え、 アウターライズ地震に関する情報は会員ページでのみ述べることとします。

  3.  

     現在赤道付近のパプアニューギニアからインドネシアにかけて強く、広範囲の大気重力波が見られます。 概観すると、M7.5を超える見込みですが、マンパワーに余裕がありません。

 地域別予測に関しては会員ページをご覧ください (余震域については原則M6以上のみ,そのほかの地域は原則M5.5以上)。 会員ページ記載の予測の漏洩ならびに転用は厳禁です。


- 地震予知情報作成日時:2013/06/10 00:10(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
- 地震予知情報掲載日時:2013/06/10 00:50 -

1. 総説

 前回と同じ記事です。

  1.  

     従来は北海道、東北地方、関東地方に出ていた比較的大きな地震の大気重力波による前兆が、 最近、西日本方面に出てくる傾向があります。 折しも政府によって、東海、東南海、南海地震の連動が発表され、等しく国民が不安を抱き始めています。 この中程度の前兆、従ってその結果としての発振が、直ちにこの連動地震に結びつくものではありませんが、 上記の様な傾向が見え始めているので、注意深く諸現象の経過を観察する必要があります。

  2.  アウターライズ地震について

     2011年3月末以来度々アウターライズ地震について述べてきました。 アウターライズ地震という用語も、経緯はともかく、一般に知れ渡るようになりました。 この想定される巨大地震の震源域およびMについては既に述べました。 問題は何時発生するのかということですが、当サイトはそのために心血を注いでいます。 改竄すること無く全てを公開している過去ログをご覧になってお分かりのように、 当サイトの地震予知情報は相当の信頼性があります。 従って今後は慎重な情報の取り扱いが必要と考え、 アウターライズ地震に関する情報は会員ページでのみ述べることとします。

 地域別予測に関しては会員ページをご覧ください (余震域については原則M6以上のみ,そのほかの地域は原則M5.5以上)。 会員ページ記載の予測の漏洩ならびに転用は厳禁です。


- 地震予知情報作成日時:2013/06/02 23:20(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
- 地震予知情報掲載日時:2013/06/04 23:50 -

1. 総説

  1.  

     従来は北海道、東北地方、関東地方に出ていた比較的大きな地震の大気重力波による前兆が、 最近、西日本方面に出てくる傾向があります。 折しも政府によって、東海、東南海、南海地震の連動が発表され、等しく国民が不安を抱き始めています。 この中程度の前兆、従ってその結果としての発振が、直ちにこの連動地震に結びつくものではありませんが、 上記の様な傾向が見え始めているので、注意深く諸現象の経過を観察する必要があります。

  2.  アウターライズ地震について

     2011年3月末以来度々アウターライズ地震について述べてきました。 アウターライズ地震という用語も、経緯はともかく、一般に知れ渡るようになりました。 この想定される巨大地震の震源域およびMについては既に述べました。 問題は何時発生するのかということですが、当サイトはそのために心血を注いでいます。 改竄すること無く全てを公開している過去ログをご覧になってお分かりのように、 当サイトの地震予知情報は相当の信頼性があります。 従って今後は慎重な情報の取り扱いが必要と考え、 アウターライズ地震に関する情報は会員ページでのみ述べることとします。

 地域別予測に関しては会員ページをご覧ください (余震域については原則M6以上のみ,そのほかの地域は原則M5.5以上)。 会員ページ記載の予測の漏洩ならびに転用は厳禁です。

会員トップページに戻る