中波帯電磁波ノイズ観測、大気重力波観測による地震発生予測実験

 当ページの色分けは次の通りです。 原則としてM5.0未満の予測は記載しないこととしています。

赤(P) :M5.5以上の予測
青(P) :M5.5未満M5.0以上の予測
緑(R) :予測に対応した発生地震
黒(P,R):M5.0未満の予測、および予測していなかった発生地震


- 地震予知情報作成日時:2012/12/28 23:35(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
- 地震予知情報掲載日時:2012/12/29 22:00 -

1. 総説

  1.  なし
  2.  アウターライズ地震について

      R:12/07 17:18 三陸沖(N37.8 E144.3) 震度5弱 h46km M7.4D,M8.0V (一元化)
                          USGSでは  Mw7.3 N37.9 E144.1 h36km
                          AQUA-CMTではMw7.2 N37.7 E144.1 h14km

     が発生しました。 震央は確かにアウターライズなのですが、 メカニズム解を見るとUSGSとAQUA-CMT(防災科技研)では異なっており、不可解な地震です。
     その後の解析によると最初に逆断層が活動し、引き続いて正断層が活動したようです。
     これは“予測対応地震の発生”で述べたように予測P1210-04に対応するものです。 大気重力波による地震予知ではマグニチュード、発生日は度々述べているように正確です。 震央はプレートテクトニクスでいうところのひずみ領域の東端と指摘した点では妥当ですが、 南北には離れていました(10/19に次のように述べておりました。 「大気重力波による地震予知では、大地震の場合は震央に関する精度は低くなりますので、 北日本方面の方は注意が必要です」)。 地震発生後、再度衛星画像を点検したところ、今回の震央付近も候補地の一つとして挙げられることが分かりました。
     しかしこの地震は2011年3月末以来述べている巨大地震に相当するものではありません。 この地震発生後の12/8にアジア大陸からアメリカ大陸まで(大西洋は除く) 調べたところ相変わらず大気重力波は発生しています。
     “予測対応地震の発生“で述べたように2011.3.09と2011.3.11の関係から 今回もまた巨大地震が直ちに発生するのではないかと懸念された方も多いと思います。 伊勢観測点で1号機に大きな値が出現したので、もしも三陸沖M7.4の余震がM6クラスで連続すれば、 非常に警戒しなければならないと懸念し、TWITTERで宏観異常現象の収集を行いました。 多くの方々から情報をお寄せいただきました。 その結果東北地方、関東地方南部、中部地方から磁石の落下、 ケータイ-PC-TV-各種センサー-カーナビ等の不具合など地震電磁気現象と思われる現象が報告されました。 これらから次の様な結論に至りました。

    1.  三陸沖N7.4の余震としてM6クラスは継続的に発生していない。
    2.  宏観異常現象の範囲が限定的で、差し渡し800kmしかなく、とても巨大地震の前兆とは思えない。
    3.  海水干退現象の報告は無い。

     以上のことから、伊勢観測点の1号機での大きな値の出現はあるものの必ずしも直前だと断定は出来ず、 巨大地震に至る長い道のりの一部ではないかと思われます。 引き続き皆様の情報の提供をお願いしたいと思います。

     2011年3月末、4月初めにアウターライズ巨大地震発生を憂慮し、世界で初めて当会が警告を発してきました。 これに対して複数の公的機関からも同様な指摘があり(引用がないのが残念ですが)、 マスコミが記事にしたことから世の中に知れ渡るようになりました。 当初は2006年11月の千島列島の逆断層と2007年1月のアウターライズの正断層とのセットが、 丁度2ヶ月後の同じ月の位置で発生していることから、 3.11の2ヶ月後である2011年5月の上弦前後に非常な危機感を持って経過を見守りましたが、当時は発生しませんでした。 M9クラスは先行時間が非常に長いことが、種々の検討から分かってきました。 過去ログに述べましたように、種々の観測を通して、発生時期の把握に努めているところです。 今回(12/7)のアウターライズ地震M7.4や本年(2012)3.14のM6.9アウターライズ地震などが発生しており、 巨大アウターライズ地震は遠からず発生することが懸念されます。 どうか油断しないで、万全の準備をしてください。
     想定しているアウターライズ地震が正断層の場合は再度3.11を上回る大津波が発生します。 震源域が陸から大分離れていますので津波到達までは時間に余裕があります。 今度は逃げ切る事が出来るでしょう。 もしも正断層ではなく、本年4.11のスマトラM8.6のように横ずれ断層の場合は大津波にはならないと思われます。  どちらの発生になるのかは予め知ることが出来ませんので、 近い将来津波の襲来を受けると思われる原発では一日も早く安全対策をしていただきたく思います。

  3.  近畿地方(琵琶湖周辺?)で、串田嘉男氏によって大被害地震が予測されているようですが、 これについては地域別予測を参照してください。

 地域別予測に関しては会員ページをご覧ください (余震域については原則M6以上のみ,そのほかの地域は原則M5.5以上)。 会員ページ記載の予測は漏洩が禁止されています。 ご注意ください。


地震予知情報作成日時:2012/12/20 20:20(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
地震予知情報掲載日時:2012/12/20 22:40 -

1. 総説

  1.  なし
  2.  アウターライズ地震について

      R:12/07 17:18 三陸沖(N37.8 E144.3) 震度5弱 h46km M7.4D,M8.0V (一元化)
                          USGSでは   Mw7.3 N37.9 E144.1 h36km
                          AQUA-CMTでは Mw7.2 N37.7 E144.1 h14km

     が発生しました。 震央は確かにアウターライズなのですが、 メカニズム解を見るとUSGSとAQUA-CMT(防災科技研)では異なっており、不可解な地震です。
     これは“予測対応地震の発生”で述べたように予測P1210-04に対応するものです。 大気重力波による地震予知ではマグニチュード、発生日は度々述べているように正確です。 震央はプレートテクトニクスでいうところのひずみ領域の東端と指摘した点では妥当ですが、 南北には離れていました。 地震発生後、再度衛星画像を点検したところ、 今回の震央付近も候補地の一つとして挙げられることが分かりました。 しかしこの地震は2011年3月末以来述べている巨大地震に相当するものではありません。 この地震発生後の12/8にアジア大陸からアメリカ大陸まで(大西洋は除く)調べたところ 相変わらず大気重力波は発生しています。
     “予測対応地震の発生“で述べたように2011.3.09と2011.3.11の関係から 今回もまた巨大地震が直ちに発生するのではないかと懸念された方も多いと思います。 伊勢観測点で1号機に大きな値が出現したので、もしも三陸沖M7.4の余震がM6クラスで連続すれば、 非常に警戒しなければならないと懸念し、TWITTERで宏観異常現象の収集を行いました。 多くの方々から情報をお寄せいただきました。 その結果東北地方、関東地方南部、中部地方から磁石の落下、 ケータイ-PC-TV-各種センサー-カーナビ等の不具合など地震電磁気現象と思われる現象が報告されました。 これらから次の様な結論に至りました。

    1.  三陸沖N7.4の余震としてM6クラスは継続的に発生していない。
    2.  宏観異常現象の範囲が限定的で、差し渡し800kmしかなく、とても巨大地震の前兆とは思えない。
    3.  海水干退現象の報告は無い。

     以上のことから、伊勢観測点の1号機での大きな値の出現はあるものの必ずしも直前だと断定は出来ず、 巨大地震に至る長い道のりの一部ではないかと思われます。 引き続き皆様の情報の提供をお願いしたいと思います。

     2011年3月末、4月初めにアウターライズ巨大地震発生を憂慮し、世界で初めて当会が警告を発してきました。 これに対して複数の公的機関からも同様な指摘があり(引用がないのが残念ですが)、 マスコミが記事にしたことから世の中に知れ渡るようになりました。 当初は2006年11月の千島列島の逆断層と2007年1月のアウターライズの正断層とのセットが、 丁度2ヶ月後の同じ月の位置で発生していることから、 3.11の2ヶ月後である2011年5月の上弦前後に非常な危機感を持って経過を見守りましたが、 当時は発生しませんでした。 M9クラスは先行時間が非常に長いことが、種々の検討から分かってきました。 過去ログに述べましたように、 種々の観測を通して、発生時期の把握に努めているところです。 今回(12/7)のアウターライズ地震M7.4や本年(2012)3.14のM6.9アウターライズ地震などが発生しており、 巨大アウターライズ地震は遠からず発生することが懸念されます。 どうか油断しないで、万全の準備をしてください。
     想定しているアウターライズ地震が正断層の場合は再度3.11を上回る大津波が発生します。 震源域が陸から大分離れていますので津波到達までは時間に余裕があります。 今度は逃げ切る事が出来るでしょう。 もしも正断層ではなく、本年4.11のスマトラM8.6のように横ずれ断層の場合は大津波にはならないと思われます。
     どちらの発生になるのかは予め知ることが出来ませんので、 近い将来津波の襲来を受けると思われる原発では一日も早く安全対策をしていただきたく思います。

  3.  近畿地方(琵琶湖周辺)で、串田嘉男氏によって大被害地震が予測されているようですが、 これについては地域別予測を参照してください。

 地域別予測に関しては会員ページをご覧ください (余震域については原則M6以上のみ,そのほかの地域は原則M5.5以上)。 会員ページ記載の予測は漏洩が禁止されています。 ご注意ください。


- 地震予知情報作成日時:2012/12/14 04:40(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
- 地震予知情報掲載日時:2012/12/14 23:40 -

1. 総説

  1.  なし
  2.  アウターライズ地震について

      R:12/07 17:18 三陸沖(N37.8 E144.3) 震度5弱 h46km M7.4D,M8.0V (一元化)
                          USGSでは   Mw7.3 N37.9 E144.1 h36km
                          AQUA-CMTでは Mw7.2 N37.7 E144.1 h14km

     が発生しました。 震央は確かにアウターライズなのですが、 メカニズム解を見るとUSGSとAQUA-CMT(防災科技研)では異なっており、不可解な地震です。
     これは“予測対応地震の発生”で述べたように予測P1210-04に対応するものです。 大気重力波による地震予知ではマグニチュード、発生日は度々述べているように正確です。 震央はプレートテクトニクスでいうところのひずみ領域の東端と指摘した点では妥当ですが、 南北には離れていました。 地震発生後、再度衛星画像を点検したところ、 今回の震央付近も候補地の一つとして挙げられることが分かりました。 しかしこの地震は2011年3月末以来述べている巨大地震に相当するものではありません。 この地震発生後の12/8にアジア大陸からアメリカ大陸まで(大西洋は除く)調べたところ 相変わらず大気重力波は発生しています。

     “予測対応地震の発生“で述べたように2011.3.09と2011.3.11の関係から 今回もまた巨大地震が直ちに発生するのではないかと懸念された方も多いと思います。 伊勢観測点で1号機に大きな値が出現したので、もしも三陸沖M7.4の余震がM6クラスで連続すれば、 非常に警戒しなければならないと懸念し、TWITTERで宏観異常現象の収集を行いました。 多くの方々から情報をお寄せいただきました。 その結果東北地方、関東地方南部、中部地方から磁石の落下、 ケータイ-PC-TV-各種センサー-カーナビ等の不具合など地震電磁気現象と思われる現象が報告されました。 これらから次の様な結論に至りました。

       
    1. 三陸沖N7.4の余震としてM6クラスは継続的に発生していない。  
    2. 宏観異常現象の範囲が限定的で、差し渡し800kmしかなく、とても巨大地震の前兆とは思えない。  
    3. 海水干退現象の報告は無い。

     以上のことから、伊勢観測点の1号機での大きな値の出現はあるものの必ずしも直前だと断定は出来ず、 巨大地震に至る長い道のりの一部ではないかと思われます。 引き続き皆様の情報の提供をお願いしたいと思います。

     2011年3月末、4月初めにアウターライズ巨大地震発生を憂慮し、 世界で初めて当会が警告を発してきました。 これに対して複数の公的機関からも同様な指摘があり(引用がないのが残念ですが)、 マスコミが記事にしたことから世の中に知れ渡るようになりました。 当初は2006年11月の千島列島の逆断層と2007年1月のアウターライズの正断層とのセットが、 丁度2ヶ月後の同じ月の位置で発生していることから、 3.11の2ヶ月後である2011年5月の上弦前後に非常な危機感を持って経過を見守りましたが、 当時は発生しませんでした。 M9クラスは先行時間が非常に長いことが、種々の検討から分かってきました。 過去ログに述べましたように、種々の観測を通して、発生時期の把握に努めているところです。 今回(12/7)のアウターライズ地震M7.4や本年(2012)3.14のM6.9アウターライズ地震などが発生しており、 巨大アウターライズ地震は遠からず発生することが懸念されます。 どうか油断しないで、万全の準備をしてください。
     想定しているアウターライズ地震が正断層の場合は再度3.11を上回る大津波が発生します。 震源域が陸から大分離れていますので津波到達までは時間に余裕があります。 今度は逃げ切る事が出来るでしょう。もしも正断層ではなく、 本年4.11のスマトラM8.6のように横ずれ断層の場合は大津波にはならないと思われます。
     どちらの発生になるのかは予め知ることが出来ませんので、 近い将来津波の襲来を受けると思われる原発では一日も早く安全対策をしていただきたく思います。

 地域別予測に関しては会員ページをご覧ください (余震域については原則M6以上のみ,そのほかの地域は原則M5.5以上)。 会員ページ記載の予測は漏洩が禁止されています。 ご注意ください。


- 情報作成日時:2012/12/10 03:00(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
- 情報掲載日時:2012/12/11 00:20 -

予測対応地震 -三陸沖M7.3 震度5弱- の発生

  R:12/07 17:18 三陸沖(N37.8 E144.3)震度5弱 h46km M7.4D,M8.0V (一元化)
                     USGSでは   Mw7.3 N37.9 E144.1 h36km
                     AQUA-CMTでは Mw7.2 N37.7 E144.1 h14km

 が発生しました。 3.11の時と同じように長く揺れていました。 マグニチュードがなかなか表示されず、あせりましたがM7.3(速報値)とのことでした。 これはNPO法人国際地震予知研究会の発表した以下の予測に対応するものです。

- 引用ここから -

- 地震予知情報作成日時:2012/12/05 02:45(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -

(1) 北海道

 10/10から現れている大気重力波による予測
 「P1210-04:2012/11/27±7 北海道東方沖(N44.4, E147.0)
               または南東はるか沖(N42.2, E146.5)の可能性がある M7.2

 については、未発生です。

- 引用ここまで -

解説

 マグニチュードは正確でした。
 震央は、北日本の太平洋沖と言う意味では、予測どおりですが、約500kmほど南北に離れていました。 しかし、M7.3となると、北海道から関東まで激しくゆれましたので、実用上は遜色が無かったことになります。 ただ南北方向には200から300km程度の精度は欲しかったところです。
 発生日は中央値から10日、誤差範囲からは3日ずれていました。 12/05の予測情報更新時に、既に誤差範囲を超えているのに、修正しないのには、理由があります。 一般に、何ヶ月も発生予測日の修正を繰り返し、日延ばしにして、発生すると、 直前の修正日からの離れをもって的中と言い張る地震予知情報発信者が多く、このような風潮を遺憾と思っているからです。 かなり前ですが、ある研究者の地震予知情報の1年分を別の1年にずらしてみたところ、 やはり当たっていたという報告がありました。 つまり、日本の様な地震多発国では、予測時間を長く取ると、偶然発生と区別がつかなくなるからです。 したがって、予測が的中したかどうかは、想定しているマグニチュードが想定している予測範囲にたいして、 過去の発生確率と比較しないと、まともな評価が出来ない訳です。 1例として、3.11大震災より数年前に「M6以上が1ヶ月以内に日本のどこかで発生するでしょう」 という予測を発信した方がおりましたが、これは100%当たります。 なぜなら日本ではその当時M6以上は年間12個以上発生していたからです(しかしこの方のケースではそれでもはずれでした)。
 前回(11/24)の予測対応地震の発生報告(関東地方の震度4)で、 「本日は震度4が3回ありました。 他の地域に大地震を予測している時期なので、このような連続は大地からの警告と受け止めたいと思います。」 と述べましたが、まさに大地からの警告でした。

 さて3.11大震災の2日前の3/9にM7.3の地震が発生しており、 今回(12/07)のM7.3(速報値)がさらに大きい地震の前震ではないかと懸念している方が多いようです。 また伊勢観測点での1号機の、12/09の10万超え/10分の高まりや、2号機の高原状態であった値が、 ここ20時間程収束に見えることなどから、巨大地震の発生が間近に迫っているかもしれないと言う懸念に対して、 大気重力波はどうなっているのかを検討してきました。 従来、総説で度々述べているように3.11大震災以降、地球を1周する程の大気重力波が観測されております。 この分布から、最低でもマグニチュードは9.0と予測されています。 震央は3.11の震源域を挟んで日本海溝の外洋側(アウターライズ)と予測されています。 (3.11以降このアウターライズでの発生の懸念については世界で初めて当NPO法人国際地震予知研究会が指摘したものです。)
 2012.12/07以降、地球を全部調査するには膨大な時間がかかりますので、 とりあえず、選択的にアジア大陸からヨーロッパ、アフリカ大陸、 アメリカ大陸のそれぞれの一部を調べてみたところ、相変わらず、大気重力波は見られます。
 一般に大気重力波による地震予知では、マグニチュードはその分布面積によって計算されますが、 度々実績を示しているように正確です。
 発生日はこのマグニチュードから過去の統計によって初現からの日数として計算されます。 震央はプレートテクトニクスから、プレート運動によってひずみを受ける領域のプレート側の端、 たとえば日本周辺ではひずみ領域の東端であることが多い。 したがってマグニチュードが大きい程選択肢が増えて、 今回のようにプレートテクトニクス上の位置(東端)は合っているものの、 南北方向にはずれてしまうことがあります。
 ところで先行時間については、M9の場合、事例が少なく、 初現からの日数が2年なのか、3年なのかもっと長い期間なのかまだ正確には分かっていません。 3.11大震災の前を調べましたが、ほぼ1年前のチリM8.8の前兆とダブってしまい、不明です。
 b値の変化からの最近の研究では先行時間が約10年以上との報告もあります(南城ほか2012、英文)。 b値の変化の始まりと大気重力波の初現とが同期するとは証明されていませんが、先行時間が長いことは伺えます。 この場合は誘発地震や、余震ではなく初生地震の場合で、 現在予測されているアウターライズ地震は、誘発地震と考えられるため、この現象が適用できるか不明です。 千島列島で起きた2006年11月のプレート境界地震と2007年のアウターライズ地震とのセットは 2ヶ月後の同じ月の位置で発生しました。 昨年の5月に非常に緊張して推移を注視したのはこういう理由からでした。

 100%近く確かなM9の直前前兆には何があるのかはまだはっきりとは分かっていません。 3.11大震災の前には群発性の大きな余震(3/9のM7.3の)がありましたが、現在は一桁小さい余震です。
 また3/9の14時半頃に(3.11大震災の丁度2日前)に 伊勢観測点で2万2千/10分の高まりがありました(2011,5.7の記事参照)。 今回(12/09)の高まりが10万超え/10分であるので非常に緊張を強いられます。

 以上述べたように、100%確かな直前前兆はなく、相反するデータがあり、判断に非常に迷うところです。 もしも海水干退や、各地の温泉の湯量、温度、成分の大きな変化、 その他の宏観異常(2011.3.31の記事参照)などがあれば、かなり判断を補完してくれますので、 当会のホームページのtop pageのCその他の問い合わせ欄のフォームにて 実名で情報の提供をお願いしたいと思います。 匿名では信憑性に欠けます。
 ただ巨大地震が発生するのか、まだしないのか、どちらか分からない場合は、 危険側に判断して、準備をしておくのは危機管理の面からは妥当と言えましょう (あまりこればっかりやっているとオオカミ少年になってしまいますが)。


会員トップページに戻る