中波帯電磁波ノイズ観測、大気重力波観測による地震発生予測実験

 当ページの色分けは次の通りです。 原則としてM5.0未満の予測は記載しないこととしています。

赤(P) :M5.5以上の予測
青(P) :M5.5未満M5.0以上の予測
緑(R) :予測に対応した発生地震
黒(P,R):M5.0未満の予測、および予測していなかった発生地震

 忙しい方は予測の中に赤い文字があるかないかを一瞬にして判断出来るように配慮しています。 しかし、予測は非常に苦労して作成していますので、できれば全文を読んでいただきたいというのが、予測作成者の願いであります。


- 情報作成日時:2010/04/27 22:10(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
- 情報掲載日時:2010/04/28 02:00 -

1.総説

 4/26 12:00、台湾付近(石垣島南方沖)でM6.5が発生しました。 丁度P1004-04でM6.6の予測をしていた時期なのでこれが該当と思われた方もいるかと思います。 この地震の大気重力波による前兆を時系列をさかのぼって、 空間分解能250mの衛星画像によって確認したところ、 04/13頃から出現し、その範囲は台湾付近から北東に延び、 西日本のはるか南方の海上から東日本のはるか東方にまで分布し、 その面積は200万km2と計測されました。 この面積からは宇田式(学会で公表済み)により次のようにマグニチュードが求められました。

 M=log αΑ
  (ここに、Aはkm2であらわした面積、αはAに応じて与えられる補正係数でこの場合は2.7)

 log2000000*2.7=6.7 でマグニチュードは6.7と求めることができました。 実際に発生した地震よりはやや大きめですが、この前兆を該当とします。 地震発生前には、この前兆出現範囲のうち西部付近(大東島付近から台湾付近) および東部(小笠原諸島より北東側)については気がついていましたが、 中央部については"250m画像"では確かめておらず、これらの前兆が一連のものであることを見逃していました。

 M5.5以上の予測が複数あります。 会員ページをご覧下さい。

2.地域別予測

(1) 北海道

(2) 東北地方

(3) 北陸地方

 前回(04/20)記載の 「04/19の大気重力波から以下とします。
  P:2010/04/23前後 能登半島から富山県 M4.7」
 については下記が発生。
  04-27 06:56 富山県西部(N36.5753, E136.8791)h472.3km M4.1 (Hi-net)

(4) 関東地方

(5) 中部地方

(6) 近畿地方、中国四国、九州および南西諸島


- 情報作成日時:2010/04/20 22:20(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
- 情報掲載日時:2010/04/21 01:30 -

1.総説

 4/13 23:49 (UTC)、4/14 08:49(日本時)、中国青海省でMw6.9(USGS最新)が発生しました。 この地震の大気重力波による前兆を時系列をさかのぼって、広域に確認したところ、03/21頃から出現し、 その範囲はチベット高原から北京西方の黄土高原まで見られ、面積は280万km2と計測されました。 この面積からは宇田式(学会で公表済み)により次のようにマグニチュードが求められました。

 M=log αΑ
 (ここに、Aはkm2であらわした面積、 αはAに応じて与えられる補正係数でこの場合は2.9)
Log2800000×2.9=6.9。

 でマグニチュードは6.9と求めることができました。
 この地域は通常、監視しておりません。 しかしスマトラ大地震の前兆領域をサーチしているときにスマトラ大地震発生後もまだ大気重力波が見られたので、 大きめの余震が発生するのかとの考えがよぎりましたが、結果は青海省の地震でした。 この地震は北西-南東方向に延びる左横ずれ活断層(甘孜-玉樹断裂帯)が活動して発生したもようです。 (http://www.csi.ac.cn/manage/html/4028861611c5c2ba0111c5c558b00001/_content/10_04/14/1271221655504.html)

 M6以上の予測があります。 会員ページをご覧下さい。

2.地域別予測

(3) 北陸地方

 04/19の大気重力波から以下とします。
  P:2010/04/23前後 能登半島から富山県 M4.7

(5) 中部地方

  P1004-03:2010/04/17±3 東海道はるか沖(N33.2, E137.2) M5.1±0.3
 については東西に広く広がる大気重力波から一つの地震として上記のように推定しましたが、 ほぼ同じ緯度での東西に離れた2つの地震として発生しました。
  R:04-16 02:56 東海道はるか沖(N33.2918 ,E137.2394) 383.8km M3.7(Hi-net)
  R:04/19 01:09 八丈島東方沖(N33.4, E141.0)震度1 M4.5 深さ30km

(6) 近畿地方、中国四国、九州および南西諸島


- 情報作成日時:2010/04/13 20:00(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
- 情報掲載日時:2010/04/14 00:45 -

1.総説

 4/6 22:15 (UTC)、4/7 07:15(日本時)、スマトラ北部でMw7.8(USGS最新)が発生しました。 この地震の大気重力波による前兆は時系列をさかのぼって、広域に確認したところ、 2/24頃から出現し、その範囲は東経90度から東側144度、赤道から北緯52度の範囲に認められました。 この面積は下図のように1300万km2と計測されました。 この面積からは宇田式(学会で公表済み)により次のようにマグニチュードが求められました。

 M=log αΑ
 (ここに、Aはkm2であらわした面積、 αはAに応じて与えられる補正係数でこの場合は3.7) Log13000000×3.7=7.7。

 でマグニチュードは7.7と求めることができました。
 したがってP1003-05の大気重力波による前兆は上記スマトラMw7.8の前兆の一部だったようですので、 取り消しとします。
 このように海外で大地震があり、その歪み領域と目される側に大気重力波が分布し、 日本周辺も含まれてしまう場合は、しばしば一桁小さい日本周辺の地震の前兆と誤判断してしまいます。 これを防ぐには日本周辺のみならず、東アジア、ひいては世界中の監視が必要ですが、現在はスタッフ不足です。 これをカバーするためにはソフトの開発が必要ですが資金が全然不足しています。
 また新たに朝鮮半島から中国東北部に大気重力波が出現して来たので注視が必要です。

 面積の計算は下記によっています。
ムストファ&アリ帽子店

下記USGSによる資料はMw7.7からMw7.8に修正されています。

2.地域別予測

(1) 北海道

 大きめの前兆は観測されていません。

(2) 東北地方

 大きめの前兆は観測されていません。

(3) 北陸地方

 大きめの前兆は観測されていません。

(4) 関東地方

 前回(04/05)の予測P1004-01は次のように発生しました。
 「P1004-01:2010/04/16±4硫黄島周辺(N25,E139.5) M5.4」
  R:04-08 01:02 N23.376, E144.754 h4.49km M5.4v FAR E OFF OGASAWARA (一元化)
 マグニチュード、大まかな場所はまあまあでしたが、少し早めの発生でした。 これが予測通り発生したということは、スマトラMw7.8の前兆はこの領域には及んでいなかったことになります。
 現在は04/12に発生した大気重力波とは異なる現象から実験的に予測してみます。 もしも発生したら、ひとつ前兆現象として加える必要があります。
 M6以上の予測があります。会員ページをご覧下さい。

(5) 中部地方

 04/08の大気重力波から以下とします。
  P1004-03:2010/04/17±3 東海道はるか沖(N33.2, E137.2) M5.1±0.3

(6) 近畿地方、中国四国、九州および南西諸島

 総説参照


- 情報作成日時:2010/04/05 19:40(作成者:IAEP理事長 宇田進一) -
- 情報掲載日時:2010/04/06 00:30 -

1.総説

 M6以上の予測があります。 会員ページをご覧下さい。
 その他の地域別予測については、このP1003-05bの前兆と重なっている可能性があるため、 関東地方および火山列島付近を除き、新たな予測を立てることができません。

1.地域別予測

(1) 北海道

 3/30に北海道南西沖でM5.8の地震がありましたが、 P1003-05の前兆と領域が重なっているため、適切な予測は出来ませんでした。

(2) 東北地方

(3) 北陸地方

(4) 関東地方

 4/4に伊豆諸島北部から火山列島にかけての広大な領域に大気重力波がみられました。 震央を絞り込むのは困難ですが、以下とします。
  P1004-01:2010/04/16±4硫黄島周辺(N25,E139.5) M5.4

(5) 中部地方

(6)近畿地方、中国四国、九州および南西諸島

トップページに戻る