中波帯電磁波ノイズ観測、大気重力波観測による地震発生予測実験

当ページの色分けは次の通りです。

赤(P)    :M5.5以上の予測
緑(R)    :予測に対応した発生地震
黒(P またはR):M5.5未満の予測、および予測していなかった発生地震


- 情報作成日時:2009/05/31 14:30 (IAEP地震予知部会) -
- 情報掲載日時:2009/05/31 18:20 -
- 情報修正日時:2009/05/31 22:20 -
- 情報修正日時:2009/06/01 23:20(N35.7→N33.7に訂正) -

1.総説

 M5未満については原則記載しないこととしています。 M5.5未満の予測は青文字で表現しています。
 現在は大地震の前兆は観測されていません。

2.地域別予測

(1) 北海道

 前回(05/21)、「現在も大きな異常は観測されていません。」と述べましたが、北海道では 5/26浦河沖でM4.7、5/27同M3.5などの発生があったのみです。
 現在は5/27の大気重力波から次の地震が予測されます。
  R:5/29 14:39茨城県南部 ( 北緯36.1度、東経139.9度)震度3 M3.8深さ50km
 ほぼ予測通り県境付近でした。
 現在は5/29の大気重力波から北関東(群馬-栃木県境)で小さな発生が予測されます。

(5) 中部地方

 前々回(05/09)以来記載の 「5/1,5/8などの大気重力波からウラジオストック周辺の深発地震(M5.5前後)と推定されます。 発生日の推定は困難ですが5月下旬から6月上旬と推定されます。」はそのままとします。 また05/09以来記載の「現在も大きな異常は観測されていません。 サハリンからオホーツク海にかけて中程度の発生が見込まれます」については以下が発生しました。
  R:5/30 01:04 宗谷東方沖=サハリン南部沖(N45.9, E143.7)震度1 M4.9 h350km
  R:5/26 21:04 ウラジオストック付近(N43.4, E136.6) M4.6 h364km (AQUA-REAL)

 5/21の「現在は伊勢観測点の5/14の小異常と5/15,5/17の大気重力波とから以下とします。
  P0905-01:2009/5/29±4愛知県から静岡県(N34.7, E137.4, r=80km)M5.0±0.5
 については以下が発生。
  R:5/25 20:26静岡県西部(N34.7, E137.8)震度3 M4.7D(M4.9 Hi-net)深さ30km
 ほぼ予測通りでした。
 現在は大きな異常は観測されていません。

(6) 近畿地方、中国・四国地方、九州地方および南西諸島

 前回(05/21)の「現在は5/17の大気重力波から以下とします。
  P0905-02:2009/5/25±3 豊後水道から日向灘、種子島周辺(N33.5, E133.0) M5.3±0.5
 については5/24 5/22に発生した大気重力波および広島観測点の最近の終息状況から修正しました。
  P0905-02b:2009/ 5/25 6/4±3 瀬戸内海西部(N35.7 →N33.7, E132.3) M5.6±0.5
 また5/29の大気重力波および京都観測点の5/29,5/30の小異常から5/28に発生した大阪府北部から京都府南部の小地震と同程度の地震が推測されます。
(京都観測点:http://www.eonet.ne.jp/~ossoft/noise.html#k4)
 会員掲示板のM7を超える予測についての予知部会の見解は前回と変わりません。


- 情報作成日時:2009/05/21 16:30(IAEP地震予知部会) -
- 情報掲載日時:2009/05/24 00:20 -
- 情報修正日時:2009/05/24 02:00 -

1.総説

 M5未満については原則記載しないこととしています。 M5.5未満の予測は青文字で表現しています。

2.地域別予測

(1) 北海道

 前回(05/14)、「現在も大きな異常は観測されていません。」と述べましたが、北海道では 5/19北海道東方沖 でM4.6、5/20北海道南西沖 でM3.5などの発生があったのみです。
 現在も大きな異常は観測されていません。

(2) 東北地方

 前回(05/14)「現在も福島県沖に小さな地震が予測されるのみです。」としていましたが、下記が発生したました。
  R:2009/05/15,15:19 福島県沖(36.9 N, 141.9 E)Mj 4.2 h40 km(一元化)
 現在も大きな異常は観測されていません。

(3) 北陸地方

 前回(05/14)の「現在も大きな異常は観測されていません。 能登半島東方沖から中越に掛けて小さな地震の発生があるでしょう。」については下記の発生がありました。
  R:05/19 21:13新潟県上中越沖(N37.5, E138.7)震度1 M2.3 深さ18km
 現在も大きな異常は観測されていません。

(4) 関東地方

 前回(05/14)の 「現在は大気重力波および六本木の小異常などから房総半島周辺や八丈島周辺でM4前後の発生があるでしょう。」 については下記の発生がありました。
  R:2009/05/15,03:38新島・神津島近海(34.3 N,139.1 E) 震度3 Mj 3.7 h10 km
 現在は5/21の大気重力波から茨城県-栃木県境付近で小さな地震の発生があるでしょう。

(5) 中部地方

 前々回(05/09)以来記載の「5/1,5/8などの大気重力波からウラジオストック周辺の深発地震(M5.5前後)と推定されます。 発生日の推定は困難ですが5月下旬から6月上旬と推定されます。」はそのままとします。 現在は伊勢観測点の5/14の小異常と5/15,5/17の大気重力波とから以下とします。
  P0905-01:2009/5/29±4愛知県から静岡県(N34.7, E137.4, r=80km)M5.0±0.5

(6) 近畿地方、中国・四国地方、九州地方および南西諸島

 前回(05/14)の「現在も大きな異常は観測されていません。 周防灘あたりでM4未満が数日中にあるでしょう。」については
  R:05/21 02:05周防灘(33.825N, 131.806E)M3.4 h83.8km (Hi-net)
  R:05/17 08:36安芸灘(N33.9, E132.2) 震度1 M2.8 深さ15km

 などが発生しました。 なお4/17に以下を予測し
 「P0904-02:2009/04/24±4 東シナ海(N30.7, E126.0, r=100km)M5.2±0.3」
以下の種子島周辺を該当としていましたが、
 「R:04/22 20:31種子島南東沖(北緯30度03分 ,東経131度19分)震度1 M4.0深さ33km
  R:04/22 20:24種子島南東沖(北緯30度03分 ,東経131度18分)震度2 M4.8深さ37km」
 東シナ海でも下記の発生がありました。
  R:2009/05/01,19:54 東シナ海(26.5 N,124.8 E)ごく浅いMj 4.2 その他2発(F-net)
 現在は5/17の大気重力波から以下とします。
  P0905-02:2009/5/25±3 豊後水道から日向灘、種子島周辺(N33.5, E133.0) M5.3±0.5

  ※ 会員掲示板のM7を超える予測についての予知部会の見解は前回と変わりません。 ただ、5/17に北朝鮮から朝鮮半島およびその東方海上に大気重力波が発生しました。 しかしこの領域の大気重力波はについては以前にも述べましたが、 不明なことがおおいため、地震の発生予測には今のところ使えません。 この5/17の大気重力波が地震の前兆だとしてもM7には届きません。 せいぜいM5.5以下でしょう。


- 情報作成日時:2009/05/14 18:50 (IAEP地震予知部会) -
- 情報掲載日時:2009/05/15 14:20 -

1.総説

 先週からM5未満については原則記載しないこととしています。 M5未満についても、すでに皆様ご存じのように予知出来ますが、数が多いため、前兆を計測し、 M、発生日を計算し、震央を決定する為にはかなりの時間を割く必要があります。 それよりはM5以上の地震の予知に時間を割くほうが得策と思われます。

2.地域別予測

(1) 北海道

 前回(05/09)、「現在も大きな異常は観測されていません。 サハリンからオホーツク海にかけて中程度の発生が見込まれますが、日本では無いと推定されます。」 と述べましたが、北海道には5/10日高支庁でM4.2、5/11網走沖でM4.3などの発生があったのみで、 大きな地震はありませんでした。
 現在も大きな異常は観測されていません。

(2) 東北地方

 前回(05/09)「現在も、逆ラジオ、大気重力波とも大きな異常は観測されていません。」 としていましたが、下記の発生がありました。
  R:05/10 04:34 福島県沖(北緯36度37分 , 東経142度4分)震度2 M5.5 深さ21km
 これは、4/24記載の
 「P0904-04:2009/05/08±6東北地方太平洋沖なかでも三陸沖(N39.0, E142.4)の可能性が高い M6.5±0.3」
 の予測に対応するものだったと判断されます。 なお下記は既に5/1に報告済みです。
  R:04/28 20:21 釧路沖 (N42.5, E145.2)震度4 M5.4D (M5.9V)  (M6.0-Hi-net) 深さ30km
  R:04/25 22:54岩手県沖(N40.2, E142.4)震度3 M5.0(M5.4V) (M5.6-Hi-net) 深さ37km
 現在も福島県沖に小さな地震が予測されるのみです。

(3) 北陸地方

 前回(05/09)の「現在も逆ラジオ、大気重力波とも大きな異常は観測されていません。」 については5/12上越でM4.6、震度4が発生しました。 マグニチュードの割に震度4を記録したのは震源が浅いせいです。
 現在も大きな異常は観測されていません。 能登半島東方沖から中越に掛けて小さな地震の発生があるでしょう。

(4) 関東地方

 前回(05/09)の「現在は市川観測点に小さな異常がありますが大したことはありません。M4未満でしょう。」 については5/9,5/11に茨城県南部、茨城県沖でそれぞれM3.2、M3.9が発生しました。
 現在は大気重力波および六本木の小異常などから房総半島周辺や八丈島周辺でM4前後の発生があるでしょう。

(5) 中部地方

 前回(05/09)記載の「5/1,5/8などの大気重力波からウラジオストック周辺の深発地震(M5.5前後)と推定されます。発生日の推定は困難ですが5月下旬から6月上旬と推定されます。」はそのままとします。5/14にもウラジオストックより北方に顕著な大気重力波が発生しています。 なお5/13に飛騨地方でM2.8の発生がありましたが、深さが浅いため震度3を記録したようです。
 現在は大きな異常は観測されていません。

(6) 近畿地方、中国・四国地方、九州地方および南西諸島

 前回(05/09)の「現在も逆ラジオ、大気重力波とも大きな異常は観測されていません。」については 5/13に大阪府、京都府でそれぞれM2.4(震度1)、 M3.0(震度2)の発生がありました。 京都観測点の5/9から5/12にかけての少し高めのデータに対応したものでしょう。
 現在も大きな異常は観測されていません。 周防灘あたりでM4未満が数日中にあるでしょう。
 なお会員掲示板にM7を超える予測が投稿されていますが、大気重力波からはそのような前兆はみられません。 2008年11月からのグラフは確かに高めで、現在は収束しつつあるように見えます。 2004年前半にもこのような高めの値が継続したことがありましたが、対応地震は発生していません。 2005年3月20日の福岡県西方沖地震(M7.0)のまえには広島、 高槻等に異常が認められましたが、今回は高槻には異常が認められません。 ほかの周辺の観測点にも異常は観測されていません。 ただ直前の地震活動は、2005年3月20日の福岡県西方沖地震(M7.0)の前に似ています。

現在の周辺の地震活動(2008年11月より2009年の5月12日まで、M≧4.0)
2009/03/19,08:11  32.5  132.0  4.0  HYUGANADA_REGION
2009/01/25,02:33  33.6  131.9  4.4  IYONADA_SETONAIKAI
2005/01/04,05:06  35.0  131.6  4.0  OFF_W_SAN'IN_REGION
2005/01/02,12:30  33.7  131.9  4.2  IYONADA_SETONAIKAI

2005年3月20日より前の地震活動
2005/03/17,18:07  31.7  129.0  4.0  SW_OFF_KYUSHU
2005/03/05,14:58  31.5  131.2  4.3  OSUMI_PENINSULA_REGION
2005/02/22,20:55  33.7  132.1  4.1  IYONADA_SETONAIKAI
2005/02/18,11:56  31.6  131.5  4.0  HYUGANADA_REGION
2005/02/11,13:26  32.4  132.2  4.1  HYUGANADA_REGION
2005/01/15,15:42  32.6  130.8  4.0  SOUTHERN_KUMAMOTO_PREF
2005/01/04,05:06  35.0  131.6  4.0  OFF_W_SAN'IN_REGION
2005/01/02,12:30  33.7  131.9  4.2  IYONADA_SETONAIKAI
2004/12/14,02:27  31.7  129.1  5.1  SW_OFF_KYUSHU
2004/12/13,07:53  31.7  129.1  4.9  SW_OFF_KYUSHU
2004/12/12,14:30  31.8  129.2  4.8  SW_OFF_KYUSHU
2004/12/12,14:28  31.8  129.2  5.1  SW_OFF_KYUSHU
2004/11/27,12:20  31.8  131.5  4.0  HYUGANADA_REGION
2004/11/21,09:27  32.5  130.5  4.2  AMAKUSA_REGION
2004/11/08,18:22  31.8  132.2  4.0  HYUGANADA_REGION

ゴシック体の太字が共通の地震活動です。

 さて否定材料と肯定材料が入り交じっていて判断がつきかねますが、 2005年3月20日の福岡県西方沖地震(M7.0)の前には顕著な大気重力波が発生していましたので、 基本的にはM7クラスの発生は無いと判断されます。 しかし、肯定材料がないわけではないので念のため用心が必要です。


- 情報作成日時:2009/05/09 16:20 (IAEP地震予知部会) -
- 情報掲載日時:2009/05/11 13:20 -

1.総説

 今週はありません。

2.地域別予測

(1) 北海道

 前回(05/01)の 「現在は日高山脈から北海道南西部にかけて大気重力波が見られますが、大したことはありません。」 については予測通りでした。 現在も大きな異常は観測されていません。 サハリンからオホーツク海にかけて中程度の発生が見込まれますが、日本では無いと推定されます。

(2) 東北地方

 前回(05/01)の「現在は大きな異常は観測されていません。」については予測通りでした。 現在も、逆ラジオ、大気重力波とも大きな異常は観測されていません。

(3) 北陸地方

 前回(05/01)の「現在は大きな異常はみられません。」については予測通りでした。 現在も逆ラジオ、大気重力波とも大きな異常は観測されていません。

(4) 関東地方

 前回(05/01)の「現在は大きな異常は見られません。」については予測通りでした。 現在は市川観測点に小さな異常がありますが大したことはありません。 M4未満でしょう。

(5) 中部地方

 前回(05/01)記載の「現在は中部地方以西から朝鮮半島にかけて大気重力波の発生が見られますが、 これが日本での発生かまたは南(南西)方方面の大地震の前兆の一部かまだ見極めが出来ません。 注視する必要があります。」 については5/1,5/8などの大気重力波からウラジオストック周辺の深発地震(M5.5前後)と推定されます。 発生日の推定は困難ですが5月下旬から6月上旬と推定されます。

(6) 近畿地方、中国・四国地方、九州地方および南西諸島

 現在も逆ラジオ、大気重力波とも大きな異常は観測されていません。


- 情報作成日時:2009/05/01 10:30 (IAEP地震予知部会) -
- 情報掲載日時:2009/05/01 17:20 -

 M5.5以上の予測は赤で表していますので、 全文を読む暇のない方は赤文字のみをご覧下さい。

1.総説

 前回(4/24)記載の「4/21以来大陸、日本海、東北地方南部から 北陸地方を結ぶ線より北方で北海道南部までの地域で大気重力波が、見られますので以下のように予測されます。
  P0904-04:2009/05/08±6東北地方太平洋沖なかでも三陸沖(N39.0, E142.4)の可能性が高い M6.5±0.3」
 については下記の地震が発生しました。
  R: 04/28 20:21 釧路沖 (N42.5, E145.2)震度4 M5.4D (M5.9V) (M6.0-Hi-net)  深さ30km
  R:04/25 22:54岩手県沖(N40.2, E142.4)震度3 M5.0(M5.4V) (M5.6-Hi-net) 深さ37km

 一つの震源では無く複合した震源の前兆だったようです。合計エネルギーはM6.0V相当です。
小さめの分散発生なので早めに発生したものと判断されます。

2.地域別予測

(1) 北海道

 前回(4/24)「現在は大きな異常は見られません。釧路はやや減少気味です。」
と述べましたが総説で述べた地震の発生がありました。大きめの地震は予測していましたが、
釧路沖とは予測出来ませんでした。釧路の減少が4/28の釧路沖M5.4D(5.9V)となって現れたようです。
 現在は日高山脈から北海道南西部にかけて大気重力波が見られますが、大したことはありません。

(2) 東北地方

 総説で述べた地震の発生がありました。 予測した震央より130kmほど北方での発生でした。
 現在は大きな異常は観測されていません。

(3) 北陸地方

 現在は大きな異常はみられません。

(4) 関東地方

 前回(4/24)記載の「多数の有感地震とこの地震とのトータルのエネルギーはM4.9となります。 したがってこれらの一連の房総半島周辺の有感地震を該当としますが、 念のため4/25日(新月)プラス3日までは様子見とします。」 としていましたが、発生はありませんでした。
 また「現在は、4/22から出現している大気重力波および市川観測点での4/21,4/22の長時間のデータ、 新島の上昇から以下とします。
  P0904-05:2009/04/30±3 関東地方南東部(N36.2, E140.6, r=100km)M5.3±0.5」
 については下記の発生がありました。ほぼ予測通りの発生でした。
  R:04/28 06:37茨城県東方沖(36.42N, 141.15E)M5.3 深さ44km (Hi-net)
     (N36.4, E141.2) 震度3 M5.0D (一元化)

 現在は大きな異常は見られません。

(5) 中部地方

 前回(4/24)記載の「現在は4/24の小規模な大気重力波からM4程度、愛知県周辺、4/27頃が推定されます。」 については下記の発生がありました。
  R:4/28 05:35愛知県西部 ( 北緯35.3度、東経137.0度)震度1 深さ50km M3.3
 現在は中部地方以西から朝鮮半島にかけて大気重力波の発生が見られますが、 これが日本での発生かまたは南(南西)方方面の大地震の前兆の一部かまだ見極めが出来ません。 注視する必要があります。

(6) 近畿地方、中国・四国地方、九州地方および南西諸島

 前回(4/24)記載の「現在は南西諸島方面に不明瞭な前兆がありますが、詳細はまだ不明です。」 としていましたが、下記の発生を見ました。
  R:04/30 02:22西表島付近 ( 北緯23.9度、東経123.4度)震度2 M5.1 深さ20km
 現在の状況については(5) 中部地方参照

トップページに戻る