中波帯電磁波ノイズ観測システムによる最近の全国観測点の観測データ

 当ページの色分けは次の通りです。

赤(P)    :M5.5以上の予測
緑(R)    :予測に対応した発生地震
黒(P またはR):M5.5未満の予測、および予測していなかった発生地震


- 情報作成日時:2008/03/31 11:20 (担当:斉藤好晴) -

1.前回までの予測の検証

2.地域別観測データ概況

(1) 北海道

 釧路観測点では依然異常が継続しており、最近頻発している北方4島周辺でのM4以上の 地震の前兆を捉えている可能性があります。

(2) 東北地方

 盛岡、塩釜観測点での異常の基づく予測をP0803-13に記します。

(3) 中越、北陸地方

 十日町、七尾観測点での異常から中越地方でのM=4.0未満の地震を予測します。

(4) 関東地方

 先週の浦和、千葉、市川観測点でのやや大きな異常は下記地震の前兆であった可能性があります。
  03/30 10:49 千葉県北西部 (北緯35.8度 , 東経140.1度) 震度2 M3.7 深さ80km
 依然異常は継続しており、更にM4クラスの発生が予測されます。

(5) 東海・伊豆諸島地域、中部内陸地域

 浜松観測点での異常の基づく予測をP0803-12に記します。

(6) 近畿地方

 M=5以上の地震の発生を予測するような異常は観測していません。

(7) 中国・四国、九州地方

 鹿屋、土佐観測点で異常を観測しています。 予測をP0803-11に記します。


- 情報作成日時:2008/03/24 08:10 (担当:斉藤好晴) -

1.前回までの予測の検証

 前回予測P0803-07, 08に対してそれぞれ対応地震の発生がありました。 下記の表をご参照願います。

2.地域別観測データ概況

(1) 北海道

 今週も北海道からのデータの着信がなく、判断できません。

(2) 東北地方

 盛岡観測点では3/23単発的異常が発生しました。 予測をP0803-10に記します。

(3) 中越、北陸地方

 十日町観測点では3/23単発的異常が発生しました。 中越地方でのM=4.0未満の地震の前兆と考えます。

(4) 関東地方

 浦和、千葉、市川観測点でやや大きな異常を観測しました。 関東地方でのM=4.0未満の地震の前兆と考えます。

(5) 東海・伊豆諸島地域、中部内陸地域

菊川観測点での異常が収束傾向、浜松での単発的異常を観測しました。 近日中に東海地方でM=4.0未満の地震の発生がありそうです。

(6) 近畿地方

 M=5以上の地震の発生を予測するような異常は観測していません。

(7) 中国・四国、九州地方

 鹿屋、土佐観測点で異常を観測しました。 予測をP0803-09に記します。


- 情報作成日時:2008/03/17 10:40 (担当:斉藤好晴) -

1.前回までの予測の検証

 前回予測P0803-02〜P0803-06に対してそれぞれ対応地震の発生がありました。 下記の表をご参照願います。 一部読者からEOP及び評価は事後発生地震に対するこじつけ、いい訳であるとのご指摘がありました。 誤解を生む可能性があり、今回からEOPと評価は掲載せず、皆様自身の判断にお任せすることにしました。 また今まで原則的に半径200km以内での予測としていましたが、 一部読者から予測範囲が広すぎるとのご批判があり、今回からは実験的に100km以内の予測に挑戦します。

2.地域別観測データ概況

(1) 北海道

 今週は北海道からのデータの着信がなく、判断できません。

(2) 東北地方

 盛岡、塩釜観測点では異常が収束に向かっており、予測を下表P0803-08に記載します。

(3) 中越、北陸地方

 十日町、七尾観測点での異常は依然継続しています。 新たな予測は来週掲載します。

(4) 関東地方

 六本木観測点でやや大きな異常を観測しました。 新たな予測は来週掲載します。 その他の観測点での異常は収束傾向にあります。

(5) 東海・伊豆諸島地域、中部内陸地域

 全観測点で小さな異常を継続的に観測していますが、静穏状態と考えられます。

(6) 関西・近畿地方

 M=5以上の地震の発生を予測するような異常は観測していません。

(7) 中国・四国、九州地方

 M=5以上の地震の発生を予測するような異常は観測していません。


- 情報作成日時:2008/03/10 08:30 (担当:斉藤好晴) -

1.前回までの予測の検証

  P0803-01 3/4 3/5±3 千葉県沖(35.5/140.5)を中心に100km以内 4.5±0.5 65.2%
 に対応すると思われる下記地震の発生がありました。
  R0803-01 2008/3/8 1:55 茨城県沖 36.5/140.7 4 M5.3 50km
 EOPは9.6%で的中と判定します。 EOP、評価基準については下記をご参照願います。

2.地域別観測データ概況

(1) 北海道

 釧路観測点では依然大きな異常を観測しています。
  P0803-06 3/10 3/13±3 襟裳岬(42/143)を中心に100km以内 4.7±0.5 15.3%
 と予測します。

(2) 東北地方

 盛岡、塩釜観測点では異常が収束に向かっています。 今週中にもM=4クラスの地震が発生する可能性があります。

(3) 中越、北陸地方

 十日町、七尾観測点での異常は依然継続しています。 下記予測はそのままとします。
  P0803-03 3/4 3/7±3 下越地方(37.8/139)を中心に200km以内 5.2±0.5 11.5%

(4) 関東地方

 千葉観測点では依然継続的にやや大きな異常を観測しています。

(5) 東海・伊豆諸島地域、中部内陸地域

 全観測点で小さな異常を継続的に観測しています。

(6) 関西・近畿地方

 M=5以上の地震の発生を予測するような異常は観測していません。

(7) 中国・四国、九州地方

 M=5以上の地震の発生を予測するような異常は観測していません。


- 情報作成日時:2008/03/04 14:10 (担当:斉藤好晴) -

1.前回までの予測の検証

  1.  2/26記載の「P080226-1:日本および周辺でM7前後の発生が懸念されます。」 に対して下記地震の発生がありました。
     M6.9 2008/03/03 14:11:13(UT) 13.353 125.670 18.5km PHILIPPINE ISLANDS REGION (USGS)
     に該当する可能性があり、検討中です。
     02/27 15:54 父島近海 (北緯26度52分 , 東経142度44分) 震度3 M6.6 深さ38km
     には該当しないと考えます。
  2.  2/26記載の
     「P080226-2:2008/03/03±3関東地方東部(N36.0, E140.8, r=80km)  または長野県中部(N36.3, E138.0, r=80km) M5.1±0.3 各々の震央で別々にM4.8程度が発生する可能性もあります。」 に対して下記地震の発生がありました。
      R1:2008/3/3 18:45 茨城県沖 (北緯36.4度 , 東経141.2度) 震度1 M4.0 深さ40km
      R2:2008/3/3 17:58 茨城県沖 (北緯36.7度 , 東経141.4度) 震度2 M4.3 深さ30km
      R3:2008/3/2 18:33 茨城県北部(北緯36度34分,東経140度32分)震度3 M4.3 深さ67km
      R4:2008/3/2 03:21 茨城県沖 (北緯36度17分,東経140度34分)震度1 M3.4 深さ92km

     上記4地震の合計M値は4.6になります。
  3.  「P080226-3:2008/03/01±2 種子島周辺(N30.8, E131.2, r=100km) M4.7±0.5」
     に対して下記地震の発生がありました。
      2008/3/3 21:41 薩摩半島西方沖 (北緯31.2度 , 東経129.9度) 震度2 M4.4 深さ10km

2.地域別観測データ概況

(1) 北海道

 釧路観測点では依然60,000/10分と大変大きな異常を観測しています。

(2) 東北地方

 塩釜観測点では10,000/1hと定常的異常を観測しています。

(3) 中越、北陸地方

 十日町観測点で3/2 4,000/1hと単発的な異常を観測しました。 七尾観測点では継続的にやや大きな異常を観測しています。

(4) 関東地方

 千葉観測点では継続的にやや大きな異常を観測しています。鴨宮観測点では異常の出方が収束に向かっています。

(5) 東海・伊豆諸島地域、中部内陸地域

 伊勢観測点で3/2 40,000/1hと単発的な大きな異常を観測しました。

(6) 関西・近畿地方

 京都観測点では最近1週間やや大きな異常を継続的に観測しています。

(7) 中国・四国、九州地方

 鹿屋観測点では異常の出方が収束に向かっています。

トップページに戻る