掲示板検索
名前
題名

内容
画像1
画像2
画像3
画像4
修正キー (英数8文字以内)

 予測対応地震―11/16八丈島東方沖M6.2震度3―の発生  宇田進一  2017年11月16日(木) 19:10
修正
予測対応地震―11/16八丈島東方沖M6.2震度3―の発生
2017/11/16 19:10記
NPO法人国際地震予知研究会

R:11/16 18:43八丈島東方沖(32.4N,140.9E)震度3 h20km M6.2
32.0N, 141.2E 89.9km M6.2(AQUA-REAL)

-----------------------------------------------------
地震予知情報作成日時:10/19
P1710-08:2017/11/16±6 鳥島近海(31.6N,142.8E) M6.4

予実差;
  M:0.2
発生日:当日
  震央:約150km

解説;
ほぼ予測通りの発生。



予測対応地震の発生の記載は原則M5.5以上(従来通り)または震度5弱以上(2017.7月より追加)。

 予測対応地震―11/15朝鮮半島南部M5.5震度2―の発生  宇田進一  2017年11月15日(水) 18:33
修正
予測対応地震―11/15朝鮮半島南部M5.5震度2―の発生
2017/11/15 18:30記
NPO法人国際地震予知研究会

R:11/15 14:29 朝鮮半島南部(36.1N,129.5E) 震度2 h10km M5.5
  M5.4 36.07N 129.27E 10.0 km (USGS)
Mw5.4 36.3N, 129.1E h3.0km(AQUA-CMT)
-----------------------------------------------------
地震予知情報作成日時:11/09 23:55
(6) 近畿、中四国、九州および南西諸島
韓国周辺(35.0N,124.9E)または日本海西部(36.1N, 131.1E)で、M5.3が10/15前後に予測されます。
(予測は)このままとします。

予実差;
  M:0.2(気象庁速報)または0.1(USGS、AQUA-CMT)
発生日:6日遅い(11/09 23:55時点で継続とした)
  震央:約140km

解説;
韓国周辺で発生するだろうとの予測は正解だった。発生日は当初10/15としたが、前兆が明瞭であったこと、地殻構造が大陸構造であった場合の先行時間がまだ確定されていなかったため、予測は11/09更新時に継続とした。



予測対応地震の発生の記載は原則M5.5以上(従来通り)または震度5弱以上(2017.7月より追加)。

 予測対応地震―11/13三陸沖M5.7震度2―の発生  宇田進一  2017年11月13日(月) 9:45
修正
予測対応地震―11/13三陸沖M5.7震度2―の発生
2017/11/13 09:40記
NPO法人国際地震予知研究会

R12:11/13 07:24三陸沖(38.0N,145.1E)震度2 h10km M5.7
  M 5.8 38.056°N 144.890°E 9.5 km (USGS)
Mw5.8 37.8N,145.4E h7.0km(AQUA-CMT)
Mw5.9 38.00N, 145.09E h11km(気象庁CMT解速報)
-----------------------------------------------------
地震予知情報作成日時:11/09
P1710-05:2017/11/09±5 福島県はるか沖アウターライズ(36.9N,143.6E) M5.9

予実差;
  M:0.0(気象庁CMT解速報)
発生日:4日遅い
  震央:約160km

解説;
東北地方アウターライズで発生するだろうとの予測は正解だった。



予測対応地震の発生の記載は原則M5.5以上(従来通り)または震度5弱以上(2017.7月より追加)。

 予測対応地震―11/09八丈島東方沖M6.1震度1―の発生(2)  宇田進一  2017年11月11日(土) 9:32
修正
予測対応地震―11/09八丈島東方沖M6.1震度1―の発生(2)
2017/11/11 09:30記
NPO法人国際地震予知研究会

R:11/09 16:42八丈島東方沖(32.2N,142.5E)震度1 h10km M6.1
  M 6.0 32.54N 141.45E h20 km(USGS)
Mw5.8 32.6N 141.1E h4km(AQUA-MT)
Mw6.0 32.38N, 142.31E h19km(気象庁CMT解速報)
Mw5.9 32.64N 141.47E h10km(気象庁CMT解精査後)
震央の位置が約100kmも修正されている。結局(USGS)が当初から正確だったこととなる。修正された諸数値に対応する予測を選び直した。
-----------------------------------------------------
地震予知情報作成日時:10/06
P1710-01:2017/11/02±5 八丈島近海(33.0N,140.0E) M5.7
予実差;
  M:0.2(気象庁CMT解精査後)
発生日:7日遅い
  震央: 140km

地震予知情報作成日時:10/19
P1710-08:2017/11/16±6 鳥島近海(31.6N,142.8E) M6.4
予実差;
  M:0.4(気象庁CMT解精査後)
発生日:7日早い
  震央:130km(気象庁CMT解精査後)

解説;
10-01は深発を想定しているので、今後どうなるか経緯を見守りたい。


予測対応地震の発生の記載は原則M5.5以上(従来通り)または震度5弱以上(2017.7月より追加)。

 予測対応地震―11/09八丈島東方沖M6.1震度1―の発生  宇田進一  2017年11月9日(木) 18:11
修正
予測対応地震―11/09八丈島東方沖M6.1震度1―の発生
2017/11/09 18:10記
NPO法人国際地震予知研究会

R:11/09 16:42八丈島東方沖(32.2N,142.5E)震度1 h10km M6.1
  M 6.0 32.54N 141.45E 20.3 km(USGS)
Mw5.8 32.6N 141.1E h4.0km(AQUA-MT)
Mw6.0 32.38N, 142.31E h19km (気象庁CMT解速報)
-----------------------------------------------------
地震予知情報作成日時:10/19
P1710-08:2017/11/16±6 鳥島近海(31.6N,142.8E) M6.4

予実差;
  M:0.3
発生日:7日早い
  震央:約70km

解説;
発生日がやや早いのはMが予測より小さかったためである。予測Mは大気重力波を再吟味するとやや過大だった可能性がある。震央の約70km差はこのクラスでは遜色ない。



予測対応地震の発生の記載は原則M5.5以上(従来通り)または震度5弱以上(2017.7月より追加)。

 会員ページの最新版のうち、臨時地震予知情報に関する詳細情報を掲載します。  宇田進一  2017年11月5日(日) 15:02
修正
P1710-04:2017/10/26±6茨城県北部(36.9N,140.6E) M6.3
P1711-01:2017/11/10±4  M5.7  房総半島東方沖(35.4N,140.5E) または御前崎
付近(34.7N,138.7E

 臨時地震予知情報2017.11.03 16:30  宇田進一  2017年11月3日(金) 16:35
修正
           臨時地震予知情報2017.11.03 16:30
                                 NPO法人国際地震予知研究会

ただいま(2017.11.3現在)茨城県周辺並びに、房総半島周辺のM6前後の予測は、ここ3~4日以内に発生する可能性があります。被害は僅少と思われますが、
強く揺れますので、驚かないように冷静に対処してください。うっかり外に飛び出して、交通事故にあうこともあります。あるいは落下物で怪我をする場合もあります。とにかく冷静さが必要です。震災級ではありません。詳しい予知情報は会員ページを参照してきださい。

 予測対応地震―10/19奄美大島北東沖M5.8震度3―の発生  宇田進一  2017年10月19日(木) 19:24
修正
予測対応地震―10/19奄美大島北東沖M5.8震度3―の発生
2017/10/19 19:20記
NPO法人国際地震予知研究会

R:10/19 18:02 奄美大島北東沖(28.3N,131.5E)震度3 h10km M5.8
  M 5.8 28.32N 131.20E h10.0 km (USGS)
  Mw5.7(AQUA-MT)
  Mw5.9(気象庁CMT解速報)
-----------------------------------------------------
地震予知情報作成日時:10/12
現在は10/09,10の乱れた大気重力波から以下とします。
P1710-04:2017/10/21±5沖縄本島近海(26.1N,128.6E) M5.8

予実差;
  M:0.0
発生日:2日早い
  震央:約370km

解説;
整列した大気重力波ではなく乱れた大気重力波を素に予測したが、十分使用に耐えることが分かった。
なお予測震央付近では下記が発生している。
R:M 4.9 10-15 13:35:45 (UTC) 26.17N 129.81E 10.0 km (USGS)
  M4.6 沖縄本島近海(一元化)



予測対応地震の発生の記載は原則M5.5以上(従来通り)または震度5弱以上(2017.7月より追加)。

 予測対応地震―10/06福島県沖M5.9震度5弱―の発生  宇田進一  2017年10月7日(土) 8:41
修正
予測対応地震―10/06福島県沖M5.9震度5弱―の発生
2017/10/07 08:40記
NPO法人国際地震予知研究会

R4:10/06 23:56福島県沖(37.1N 141.2E) 震度5弱 h50km M5.9
Mw5.7(AQUA-CMT)
  M5.4 (USGS)
Mw5.7(気象庁CMT解速報)
-----------------------------------------------------
地震予知情報作成日時:8/31
P1708-02(暫定):2017/09/16±7東北地方はるか東方沖、アウターライズ(39.0N,145.2E)または関東はるか東方沖(36.0N,144.5E)M6.9
この予測に対して
R1:9/21 01:37三陸沖(38.0N,144.4E)震度2 h10km Mw6.2(気象庁CMT解精査後)
を対応地震としていましたが、Mw6.2は予測M6.9に対して役不足でした。通常なら、「さらに同クラスの地震が再び発生するでしょう」とコメントするところですが、予測は雨雲の間に点在する大気重力波によっていたため、精度がそれほど高くないと判断し、コメントしませんでした。その後下記が発生しました。
R2:9/27 05:22岩手県沖(40.3N 142.5E) 震度4 h30km M6.0
Mw5.9(気象庁CMT解精査後)
  M5.8 (USGS)
そしてさらにR3が下記のように発生しました。発生地震のトータルエネルギーはM6.4相当です(以上10/06 18:05記)。
R3:10/06 17:00福島県沖(37.5N 144.0E) 震度2 h10km M6.0
Mw6.0(AQUA-CMT)
  M6.0 (USGS)
Mw6,2(気象庁CMT解速報)

トータルエネルギーがM6.4と述べましたが、予測M6.9とまだ差があることを述べたつもりでしたが、果たしてR4;Mw5.7が発生しました。トータルエネルギーは今現在M6.5なのでさらに同クラスが発生するかもしれません。


 予測対応地震―10/06福島県沖M6.0震度2―の発生  宇田進一  2017年10月6日(金) 18:12
修正
予測対応地震―10/06福島県沖M6.0震度2―の発生
2017/10/06 18:05記
NPO法人国際地震予知研究会

R3:10/06 17:00福島県沖(37.5N 144.0E) 震度2 h10km M6.0
Mw6.0(AQUA-CMT)
  M6.0 (USGS)
Mw6,2(気象庁CMT解速報)
東北地方アウターライズで上記地震が発生。
-----------------------------------------------------
地震予知情報作成日時:8/31
P1708-02(暫定):2017/09/16±7東北地方はるか東方沖、アウターライズ(39.0N,145.2E)または関東はるか東方沖(36.0N,144.5E)M6.9
この予測に対して
R1:9/21 01:37三陸沖(38.0N,144.4E)震度2 h10km Mw6.2(気象庁CMT解精査後)
を対応地震としていましたが、Mw6.2は予測M6.9に対して役不足でした。通常なら、「さらに同クラスの地震が再び発生するでしょう」とコメントするところですが、予測は雨雲の間に点在する大気重力波によっていたため、精度がそれほど高くないと判断し、コメントしませんでした。その後下記が発生しました。
R2:9/27 05:22岩手県沖(40.3N 142.5E) 震度4 h30km M6.0
Mw5.9(気象庁CMT解精査後)
  M5.8 (USGS)
そしてさらにR3が上記のように本日発生しました。発生地震のトータルエネルギーはM6.4相当です。





予測対応地震の発生の記載は原則M5.5以上(従来通り)または震度5弱以上(2017.7月より追加)。


 予測対応地震―9/21三陸沖M5.9震度2―の発生  宇田進一  2017年9月21日(木) 23:38
修正
予測対応地震―9/21三陸沖M5.9震度2―の発生
2017/09/21 23:10記
NPO法人国際地震予知研究会

R:9/21 01:37三陸沖(38.0N 144.4E) 震度2 h10km M5.9
M 6.1 37.982°N 144.669°E 10.0 km (USGS)
Mw6.0(AQUA-CMT)
  Mw6.2(気象庁CMT解析速報)
東北地方アウターライズで上記地震が発生。
-----------------------------------------------------
地震予知情報作成日時:8/31
P1708-02(暫定):2017/09/16±7東北地方はるか東方沖、アウターライズ(39.0N,145.2E)または関東はるか東方沖(36.0N,144.5E)M6.9

地震予知情報作成日時 9/14
P1708-02b:2017/09/16±7 関東はるか東方沖(34.4N,142.9E)M6.9

予実差;
M:0.7 (気象庁CMT解析速報)
発生日:5日、誤差範囲内
震央:約130km

解説;
アウターライズで地震が発生するだろうという予測は正解だった。
関東はるか東方沖の予測は結果として、疑兆によるものと判断される。

予測対応地震の発生の記載は原則M5.5以上(従来通り)または震度5弱以上(2017.7月より追加)。
詳細な予測記事については会員頁参照。

 予測対応地震―9/10浦河沖M5.7震度4―の発生  宇田進一  2017年9月10日(日) 18:12
修正
予測対応地震―9/10浦河沖M5.7震度4―の発生
2017/09/10 18:10記
NPO法人国際地震予知研究会

R:9/10 17:44 浦河沖(41.7N 142.9E) 震度4 h50km M5.7
   M5.4(USGS)
   Mw5.6(AQUA-CMT)
-----------------------------------------------------
地震予知情報作成日時:9/07
浦河沖(41.5N, 142.8E)もしくは北海道南東沖(42.0N,145.2E)で、M5.4が9/16前後に予測されます。

予実差;
M:0.0 (USGS)
発生日:6日
震央:約20km

解説;
ほぼ予測通りの発生。


予測対応地震の発生の記載は原則M5.5以上(従来通り)または震度5弱以上(2017.7月より追加)。
詳細な予測記事については会員頁参照。

 予測対応地震―9/08小笠原諸島西方沖M6.1震度3―の発生  宇田進一  2017年9月8日(金) 7:58
修正
予測対応地震―9/08小笠原諸島西方沖M6.1震度3―の発生
2017/09/08 07:55記
NPO法人国際地震予知研究会

R:09/08 02:27 小笠原諸島西方(28.0N 140.6E) 震度3 460km M6.1
Mw6.0(気象庁CMT解析速報)
M6.1 USGS)
-----------------------------------------------------
地震予知情報作成日時:8/24
8/08,09の大気重力波から以下とします。
「P1708-01:2017/8/18±4 鳥島近海(29.6N, 140.4E)M5.6」

予実差;
M:0.4
発生日:15日
震央:約170km

解説;
予実差のうち発生日に関しては8/24時点で「このまま」としていたので、15日とした。9/07の更新時では多発していた中地震をもって対応地震と判断していたが、深発地震の可能性を失念していた。深発の場合は先行時間は31日と計算され、09/08となる。


予測対応地震の発生の記載は原則M5.5以上(従来通り)または震度5弱以上(2017.7月より追加)。
詳細な予測記事については会員頁参照。

 予測対応地震―08/16奄美大島北西沖M5.7震度2―の発生  宇田進一  2017年8月17日(木) 0:24
修正
予測対応地震―08/16奄美大島北西沖M5.7震度2―の発生
2017/08/17 00:20記
NPO法人国際地震予知研究会

R:08-16 21:51 奄美大島北西沖(28.7N 127.9E) 震度2 180km M5.7
Mw5.7(気象庁CMT解析速報、USGS)
-----------------------------------------------------
地震予知情報作成日時:8/10
「8/09の大気重力波から沖縄本島北西沖(28.3N,125.8E)で,M4.8が8/14前後」

予実差;
M:0.9
発生日:2日
震央:約210km

解説;
大気重力波によるマグニチュードの予測は、実発生のマグニチュードとほとんど差がないが、今回は台風5号の発達した雲により、前兆の全容が明確ではなかったためのMの差と推測される。


予測対応地震の発生の記載は原則M5.5以上(従来通り)または震度5弱以上(2017.7月より追加)。
詳細な予測記事については会員頁参照。

 予測対応地震―8/02茨城県南部M5.5震度4―の発生  宇田進一  2017年8月2日(水) 13:09
修正
予測対応地震―8/02茨城県南部M5.5震度4―の発生
2017/8/02 13:00記
NPO法人国際地震予知研究会

R:8/02 02:02 茨城県北部(36.8N 140.6E) 震度4 h10km M5.5
 Mw5.1(AQUA-CMT、気象庁CMT解析速報)
   M5.0 (USGS)

NPO法人国際地震予知研究会が発見した以下の現象に対応。
-----------------------------------------------------
大気重力波発生日:8/01
最小 M5.1相当
最大 M5.5相当

解説
M:  厚い雨雲に覆われていて、明瞭な分布ではないので上記のように最大値
   と最小値を示した。
発生日:先行時間が1日と、非常に短い。
   本年(2017年)2月27日に、先行時間が非常に短くなっていることに気 
   がつき、震度5弱がすぐに発生することを危惧し、臨時地震予知情報を発
   信した。直後の2/28日に福島県沖で、震度5弱が発生した。この時と同
   じように、非常に短い先行時間であった。
震央:茨城県沖から福島県沖
    
本地震に引き続き発生した、茨城県南部(07:16, 36.1N, 140.0E M4.6,震度4)の前兆は、07/31に発生している。この震央を推定できる前兆は、最近度々発生している。例えば、36.0N,140.0E を想定した予測は7/21にも発表している。その結果予測通り千葉県北西部、茨城県南部などで、M4クラスが発生している。

関東地方の地震活動が活発化していて、いわゆる首都圏直下M7.3が切迫しているのではないかと、危惧している方も多いと推察されるが、今のところ、そのような前兆は確認されておりません。

 予測対応地震―07/24三陸沖M5.7震度2―の発生  宇田進一  2017年7月24日(月) 7:23
修正
予測対応地震―07/24三陸沖M5.7震度2―の発生
2017/07/24 07:20記
NPO法人国際地震予知研究会

R:7/24 00:36三陸沖(40.1N, 143.5E) 震度2 h10km M5.7
M5.6 (USGS)
  Mw5.6(気象庁CMT解析速報)
  Mw5.5(AQUA-CMT)
-----------------------------------------------------
地震予知情報作成日時:7/13
P1707-02:2017/7/25±4 襟裳岬南方沖(41.5N, 143.0E) M5.6

予実差
M:0.0
発生日:1日
震央:約150km


予測対応地震の発生の記載は原則M5.5以上(従来通り)または震度5弱以上(2017.7月より追加)。
詳細な予測記事については会員頁参照。

 予測対応地震―07/20福島県沖M5.8震度1―の発生  宇田進一  2017年7月24日(月) 7:12
修正
予測対応地震―07/20福島県沖M5.8震度1―の発生
2017/07/24 07:10記
NPO法人国際地震予知研究会

R:7/20 09:11 福島県沖(37.3N, 141.6E) 震度4 h40km M5.6
M 5.8 37.424°N 141.593°E h34.6 km (USGS)
Mj5.8 Mw5.8(気象庁CMT解析精査;AQUA-CMT)
-----------------------------------------------------
地震予知情報作成日時:06/08
P1706-01:2017/6/21±4 岩手県沖(40.3N, 141.9E) M5.9 
 もしくは北海道西方沖(44.2N, 139.8E)」

予実差
M:0.1
発生日:29日
震央:約320km


予測対応地震の発生の記載は原則M5.5以上(従来通り)または震度5弱以上(2017.7月より変更)。
詳細な予測記事については会員頁参照。

 予測対応地震―07/13日本海西部M6.3震度1―の発生  宇田進一  2017年7月13日(木) 10:38
修正
予測対応地震―07/13日本海西部M6.3震度1―の発生
2017/07/13 10:20記
NPO法人国際地震予知研究会

R:07/13 04:49 日本海西部(40.9N 131.8E) 震度1 h590km M6.3
  40.8N 132.0E h625km M7.2(Hi-net)
  M 5.9  (USGS)
  Mw5.9 (気象庁地震CMT解析速報)

NPO法人国際地震予知研究会が発表した以下の予測に対応。
-----------------------------------------------------
地震予知情報作成日時:06/15
P1705-01d:2017/7/05±6 ウラジオストク(42.8N, 132.6E) M6.5 深発。

予実差
M:0.2
発生日:8日
震央:約210km

予測対応地震の発生の記載は原則M5.5以上または震度5弱以上。
詳細な予測記事については会員頁参照。

 予測対応地震―07/11鹿児島湾M5.3震度5強―の発生  宇田進一  2017年7月12日(水) 19:08
修正
予測対応地震―07/11鹿児島湾M5.3震度5強―の発生
2017/07/12 19:05記
NPO法人国際地震予知研究会

R:07/11 11:56 鹿児島湾(31.4N 130.6E) 震度5強 h10km M5.3
Mw5.2(AQUA-CMT)
  M5.2 (USGS)

NPO法人国際地震予知研究会が発表した以下の予測に対応。
-----------------------------------------------------
地震予知情報作成日時:07/06
熊本県で大きな余震M5.0(震度5弱?)が数日中。

予実差
M:0.2
発生日:約1日
震央:約120km

 予測対応地震―07/01胆振(いぶり)地方M5.1震度5弱―の発生  宇田進一  2017年7月12日(水) 19:06
修正
予測対応地震―07/01胆振(いぶり)地方M5.1震度5弱―の発生
2017/07/12 19:05記
NPO法人国際地震予知研究会

R:7/01 23:45胆振地方南部(42.8N, 141.9E) 震度5弱 h30km M5.1
  M5.2(USGS)  
Mw5.0(気象庁地震CMT解精査後)

NPO法人国際地震予知研究会が発表した以下の予測に対応。
-----------------------------------------------------
地震予知情報作成日時:06/29
津軽海峡(41.3N,140.0E)でM4.7程度が7/02前後

予実差
M:0.3
発生日:1日
震央:約220km

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  過去ログ全 200件 [管理]
CGI-design