”くるぞーくん”の地震予知トライアル
提供:NPO法人 国際地震予知研究会(IAEP)

あなたは累計 人目の訪問者です。

 (本日は番目のアクセスです。
また昨日は人のご来場者がありました)

A ”くるぞーくん”モニター会、地震予測情報受信会

モニター会員ページ入り口(新ページ)

 モニター会員規約に変更はありません。
 会員の皆様方の個人情報は、個人情報保護法の趣旨にのっとって扱わせていただきます。

モニター会員と地震予測情報受信会員の違い

モニター会員規約および入会手続き

 過去ログを下欄に掲載していますのでお試し会員は現在受付けておりません。 過去ログを良く読んで入会するかどうか決めて下さい。
 従来再入会は入会費をいただいておりませんでしたが、09年10月より再入会の方も入会費が必要となります。 予めご承知ください。

地震予測情報受信会

B ”くるぞーくん”システムについて

M5.5未満の予測情報

2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 最新情報のうちM5.5未満の予測について2010年2月1日より一般公開しております
 一般公開の情報はこちらで見られます。

過去の予測情報

2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月

 2007年9月以前は手法が大きく異なるため、掲載しておりません。

C その他

最近のお知らせ
(詳しくはこちらをクリック)

D 連絡

 モニター会員ページに、予測情報を掲載しました。 モニター会員の方は、 「モニター会員ページ入り口」から入ってご覧ください。

 最新情報のうちM5.5未満の予測について2010年2月1日より一般公開しております
 一般公開の情報はこちらで見られます。


- 地震予知情報作成日時:2016/12/02 00:20(作成者:IAEP理事長 宇田進一)-
- 地震予知情報掲載日時:2016/12/03 01:30 -

1. 総説

 現在日本周辺でM6台半ばが複数予測されていますが、 こういう場合は個々の発生ではなく、より大きな一つのM7の地震である場合があります。 まだ確定してはいませんが、注意が必要です。

 複数の外国で大地震が予測されます。会員ページ参照。

 魑魅魍魎第4弾については、現在予測している大地震が発生後再開の予定。

 M5.5未満については原則として予測番号を付与しないこととします(9/22から当分の間)


- 地震予知情報作成日時:2016/11/24 23:55(作成者:IAEP理事長 宇田進一)-
- 地震予知情報掲載日時:2016/11/26 18:00 -

1. 総説

 前回(11/17)記載の「現在M6台およびM7が予測されております。要警戒です。」 と懸念していた地震は、福島県沖で11/22早朝M7.4(Mw6.9(気象庁CMT解精査後)として マグニチュードの予実差0.1(Mwでの比較)と予測通り発生しました。 めったに要警戒とは言いませんので、警戒した方も多いと推察されます。 もっと詳しい情報は会員ページに記載しておりました。 予測対応地震の発生欄およびTOP PAGE参照。 軽微な被害で済んだようです。 この地震は正断層によるもので、度々述べているように今回も、下弦の月(11/21)のトリガーで発生しました。
  R:11/22 05:59 福島県沖(37.3N, 141.6E) 震度5弱 h10km M7.3 津波警報
  Mw7.0 37.3N, 141.5E h11km (AQUA-CMT)
  M 6.9  37.392°N 141.403°E 11.3 km(USGS)
  Mw6.9 h25km (気象庁CMT解精査後)

 前回(11/17)記載の 「中央構造線沿いの地下水観測井(産総研)の五條の水位が最近低下傾向にあります。 大地震の前には、地下水位の低下はよくあることですので、 今の所、低下量は数十cmと小さいものの、経緯を注目する必要があります」については、 下記が発生し、各地で最大震度4を観測しました。 五條でも震度4でした。 この地震発生後も相変わらず地下水位は低下を続けています。 要経過観察です。
  R:11/19 11:48 和歌山県南部(33.8N, 135.5E) 震度4 h60km M5.4
 五條で震度4を記録しましたが、水位に変化がありません。 引き続き要監視。

 複数の外国で大地震が予測されます。 会員ページ参照。

 魑魅魍魎第4弾については、現在予測している大地震が発生後再開の予定。

 M5.5未満については原則として予測番号を付与しないこととします(9/22から当分の間)


- 情報作成日時:2016/11/23 13:00(作成者:IAEP理事長 宇田進一)-
- 情報掲載日時:2016/11/23 15:20 -

予測対応地震 -11/22福島県沖M7.3、震度5弱- の発生 (3)

  R:11/22 05:59 福島県沖(37.3N, 141.6E) 震度5弱 h10km M7.3 津波警報
                Mw7.0 37.3N, 141.5E h11km (AQUA-CMT)
                M 6.9 37.392°N 141.403°E 11.3 km(USGS)
                Mw6.9 37.18N, 141.60E h10km (気象庁CMT解速報値)

 Mjは7.4に変更されました。 が発生しました。 これは“くるぞーくんの地震予知トライアル”が発表した予測に対応するものです(既報)。 当会の予測マグニチュードは実発生のモーメントマグニチュード(Mw) に一致することは度々示しています。

 現在、Dr.Dimitar Ouzounov(USA,Chapman大学の准教授) と情報の交換をしており、 今回もお互いにM7の発生を予測しておりました。 以下にその経緯を掲載します。

11/04に受信

「I detected some signs for a large Eq preparation along the Japanese trench.  There are two possible areas where the EQ might occur. off the east coast of Honshu- Japan
40N/144E with M7
or
37N/143E with M6+
Please check your data for these regions.」

 これにたいして11/11にP1610-01d:2016/11/15±7 M7.0の説明を英文に直して送信しておりました。

 また森谷武男博士からは事前にM6.9の予測をいただいていました。 ただ、今度の福島県沖Mw6.9が該当するのかどうか現在検討中とのことです。
 信頼できない情報はいくら集めても役に立ちませんが、信頼できる情報は非常に有効で、 地震予知の精度の向上に役に立ちます。 Dr.Ouzounovは現在来日中で、お互いの方法について長時間議論をしました。 今日帰国されるようです。

 この図には実発生の震央を星印で追加記入してあります。


- 情報掲載日時:2016/11/22 20:40 -

2016年08月までの会員ページを公開しました。


- 情報作成日時:2016/11/22 08:05(作成者:IAEP理事長 宇田進一)-
- 情報掲載日時:2016/11/22 20:20 -

予測対応地震 -11/22福島県沖M7.3、震度5弱- の発生 (2)

  R:11/22 05:59 福島県沖(37.3N, 141.6E) 震度5弱 h10km M7.3 津波警報
                Mw7.0 37.3N, 141.5E h11km (AQUA-CMT)
                M 6.9 37.392°N 141.403°E 11.3 km(USGS)
                Mw6.9 37.18N, 141.60E h10km (気象庁CMT解速報値)

 が発生しました。 これは“くるぞーくんの地震予知トライアル”が発表した以下の予測に対応するものです。 当会の予測マグニチュードは実発生のモーメントマグニチュード(Mw)に 一致することは度々示しています。

- 引用ここから -

- 地震予知情報作成日時:2016/11/17 21:30(作成者:IAEP理事長 宇田進一)-

 「P1610-01d:2016/11/15±7 M7.0
      A:東北地方北部から北海道周辺南東沖〜東方沖(優先順位の高い順)
        襟裳岬南方沖(41.6N,142.5E)
        北海道南東はるか沖アウターライズ(41.3N,147.1E)
        三陸はるか沖アウターライズ(N39.0, E144.9)
        択捉島南東沖(44.1N, 147.6E)
        宮城県沖(38.3N,142.4E)
      B(暫定):中部地方内陸;長野県中部(36.2N, 138.0E)
 Aに関しては度々前兆が出現していますが、Bに関しては11/10にのみ出現したため暫定としておりますが、 もしもここで発生するとかなりの被害が予測されます
」 については、-略- Mが異なるためこのままとします。 Bはまだ暫定のままです

- 引用ここまで -

解説

 ほぼ予測通りの発生です。 次項に予測の経緯を記しますが、結局
  P1609-14b:2016/10/13±5 福島県沖アウターライズ(37.8N,144.0E)M6.0
  P1610-01d:2016/11/15±7 M7.0
      A:東北地方北部から北海道周辺南東沖〜東方沖

 の予測に対応したものと思われます。

予実差

M   :0.0((AQUA-CMT)、0.1(USGS、気象庁CMT解析速報値)、0.3(気象庁速報)
発生日:中央値から7日遅いが誤差範囲(±7日)内
震央 :約130km、このクラスではこの程度の違いは遜色ありません。

 最初の情報は10/06に発表されました。

- 引用ここから -

- 地震予知情報作成日時:2016/10/06 23:10(作成者:IAEP理事長 宇田進一)-

 前回(9/30)記載の「また9/26の大気重力波から以下とします。
  P1609-14:2016/10/13±5 福島県沖アウターライズ(37.8N,144.0E)もしくは宮城県沖(38.0N, 141.9E) M6.0
 については、未発生です。

 現在は10/04,06の大気重力波から以下とします。
  P1610-01:2016/10/27±7 M6.7
       震央候補地A;宮城県沖  (38.3N,142.4E)
       震央候補地B;襟裳岬南方沖(41.3N,143.2E)
       震央候補地C;択捉島南東沖(44.1N, 147.6E)

 最近先行時間の極端に短い例が出現しつつありますが、まだ法則化するには事例が少ないため、 ここでは遅れ現象1を適用することとします。

2番目の発表 2016/10/13 22:35

  P1609-14b:2016/10/13±5 福島県沖アウターライズ(37.8N,144.0E) M6.0

  P1610-01:2016/10/27±7 M6.7(変更なし)

3番目の発表 2016/10/20 22:10

  P1609-14b:福島県沖アウターライズ(37.8N,144.0E)M6.0 、変更なし。

  P1610-01:2016/10/27±7 M6.7(震央候補地の優先順序をC,B,Aに変更)

4番目の発表 2016/10/27 21:30

  P1609-14b:福島県沖アウターライズ(37.8N,144.0E)M6.0 、変更なし。

 C周辺で10/24の北海道東方沖Mw6.0をはじめ多くの地震が発生しました。 予測対応地震の発生欄で述べたように、鳥取県中部地震の前兆と、 本予測の前兆がダブっていることと、Mw6.0の発生を見たことから次のように修正します。
  P1610-01b:2016/10/27±7 M6.5
        震央候補地B;襟裳岬南方沖(41.6N,142.5E)
        震央候補地A;宮城県沖  (38.3N,142.4E)
        震央候補地C;択捉島南東沖(44.1N, 147.6E)

5番目の発表 2016/11/03 20:35

  P1609-14b:2016/10/13±5 福島県沖アウターライズ(37.8N,144.0E)M6.0
 については、R1〜R7が発生しました。 トータルエネルギーはM5.2相当なので様子見とします。

  P1610-01c:2016/10/27±7 M6.5
        震央候補地B;襟裳岬南方沖   (41.6N,142.5E)
        震央候補地A;宮城県沖     (38.3N,142.4E)
        震央候補地C;択捉島南東沖   (44.1N, 147.6E)
        震央候補地D;北海道南東はるか沖(41.3N,147.1E)

 10/30の大気重力波からDを追加しました。

6番目の発表 2016/11/10 20:50

  P1610-01d:2016/11/15±7 M7.0
      A:東北地方北部から北海道周辺南東沖〜東方沖(優先順位の高い順)
        襟裳岬南方沖(41.6N,142.5E)
        北海道南東はるか沖アウターライズ(41.3N,147.1E)
        三陸はるか沖アウターライズ(N39.0, E144.9)
        択捉島南東沖(44.1N, 147.6E)
        宮城県沖(38.3N,142.4E)
      B(暫定):中部地方内陸;長野県中部(36.2N, 138.0E)
 Aに関しては度々前兆が出現していますが、Bに関しては11/10にのみ出現したため暫定としておりますが、 もしもここで発生するとかなりの被害が予測されます。

7番目の発表 2016/11/17 21:20

  P1610-01d:2016/11/15±7 M7.0 (変更はなし)
 については、Aのうち宮城県沖で下記のように発生しましたが、 Mが異なるためこのままとします。 Bはまだ暫定のままです。
  R:11/12 06:43 宮城県沖 震度4 Mj5.9 Mw6.1(気象庁CMT解析精査後)

- 引用ここまで -


- 情報作成日時:2016/11/22 06:40(作成者:IAEP理事長 宇田進一)-
- 情報掲載日時:2016/11/22 20:20 -

予測対応地震 -11/22福島県沖M7.3、震度5弱- の発生

  R:11/22 05:59 福島県沖(37.3N, 141.6E) 震度5弱 h10km M7.3 津波警報
                Mw7.0 37.3N, 141.5E h11km (AQUA-CMT)
                M 6.9 37.392°N 141.403°E 11.3 km(USGS)

 が発生しました。 これは“くるぞーくんの地震予知トライアル”が発表した以下の予測に対応するものです。

- 引用ここから -

- 地震予知情報作成日時:2016/11/17 21:30(作成者:IAEP理事長 宇田進一)-

 「P1610-01d:2016/11/15±7 M7.0
 A:東北地方北部から北海道周辺南東沖〜東方沖(優先順位の高い順)
    襟裳岬南方沖(41.6N,142.5E)
    北海道南東はるか沖アウターライズ(41.3N,147.1E)
    三陸はるか沖アウターライズ(N39.0, E144.9)
    択捉島南東沖(44.1N, 147.6E)
    宮城県沖(38.3N,142.4E)
 B(暫定):中部地方内陸;長野県中部(36.2N, 138.0E)
Aに関しては度々前兆が出現していますが、Bに関しては11/10にのみ出現したため暫定としておりますが、 もしもここで発生するとかなりの被害が予測されます
」 については、-略- Mが異なるためこのままとします。 Bはまだ暫定のままです

- 引用ここまで -

解説

ほぼ予測通りの発生です。 どうか被害がありませんように!

予実差

M   :0.0((AQUA-CMT)、0.1(USGS)、0.3(気象庁速報)
発生日:中央値から7日遅いが誤差範囲(±7日)内
震央 :約130km、このクラスではこの程度の違いは遜色ありません。


- 地震予知情報作成日時:2016/11/17 21:20(作成者:IAEP理事長 宇田進一)-
- 地震予知情報掲載日時:2016/11/17 23:30 -

1. 総説

 中央構造線沿いの地下水観測泉(産総研)の五條の水位が最近低下傾向にあります。 大地震の前には、地下水位の低下はよくあることですので、今の所、低下量は数十cmと小さいものの、 経緯を注目する必要があります。

 現在M6台およびM7が予測されております。 要警戒です。

 複数の外国で大地震が予測されます。 会員ページ参照。

 魑魅魍魎第4弾については、現在予測している大地震が発生後再開の予定。

 M5.5未満については原則として予測番号を付与しないこととします(9/22から当分の間)


- 情報作成日時:2016/11/14 10:35(作成者:IAEP理事長 宇田進一)-
- 情報掲載日時:2016/11/14 23:50 -

11/13 ニュージーランド南島 M7.8について

  R:11/13 11:02 UTC ニュージーランド(42.8S, 173.1E) h23km M7.8(USGS)
 が発生しました。 公表はしておりませんでしたが、世界じゅうの衛星画像欠損を調べている過程で、 南半球での巨大地震に気がついておりました。

 今年の8月中旬に西端139E、東端153W、北端19S、南端64Sの広大な面積に 大気重力波が見られ、概算2700万km2と計測され、 マグニチュードは8.0、震央はオーストラリア南東沖(43.9S,149.0E) と推定されておりました。
 経緯に注目していたところ、 9/02にニュージーランド(37.5S, 178.8E, h19km)でM7.2が発生しました。 しかしながら、予測M8.0に対して、M7.2では役不足で、 まだ大き目があるはずだと注目しておりました。 結果は上記の通りでした。 M7.2に相当する大気重力波の分布面積は500万km2なので、 上記2700万km2から500万km2を引くと2200万km2となり、 このことからM7.9と計算されました。 非常に大雑把な計測なので、多少の誤差を含んではいるものの、 近い値が得られました。発生日はほぼ理論通りでした。
 公表しなかったのは遠い外国であるため、正確な計測を行わなかったことと、 初現を決めていなかったことと(初現が決まらないと発生日を決定できませんが、 そのためには広大な面積を、時系列をさかのぼって検討する必要がありますが、 マンパワー不足です。 結果として上記8月中旬が初現だったようです)、 震央を示唆する信号の出現を待っていたためで、 ニュージーランドを示す信号は現れませんでした。 しかし南半球中緯度を示す信号は度々現れていました。 10/21の鳥取中部地震(Mw6.2)の前にも正確に震央を示す信号は出ていませんでしたが、 予測対応地震の発生欄(2016.10.21 鳥取県中部 M6.6(速報値)、震度6弱 について 10/26 23:55記)で述べたように1600km離れてはいるものの、 発生地震と同緯度を示す信号は見られたため、この現象を検討課題としておりました。 同じような現象がまた現れたわけです。 地震予知用に衛星を数多く打ち上げていただければ、この問題は解決するのですが…。


- 情報作成日時:2016/11/12 08:25(作成者:IAEP理事長 宇田進一)-
- 情報掲載日時:2016/11/14 08:40 -

 予測対応地震 -11/12宮城県沖M5.8、震度4- の発生

  R:11/12 06:43 宮城県沖(38.5N, 141.6E) 震度4 h60km M5.8
            Mw6.1 38.5N, 141.7E h63km(AQUA-CMT)
            M6.2  38.50N, 141.56E h45km(USGS)
            Mw6.1 38.58N, 141.62E h62km(気象庁CMT解 速報)

 が発生しました。 これは“くるぞーくんの地震予知トライアル”が発表した以下の予測に対応するものです。

- 引用ここから -

- 地震予知情報作成日時:2016/11/10 20:50(作成者:IAEP理事長 宇田進一)-

  P1610-01d:2016/11/15±7 M7.XX
      A:東北地方北部から北海道周辺南東沖〜東方沖(優先順位の高い順)
        XX ほか
        宮城県沖(38.3N,142.4E)
      B(暫定):XX

- 引用ここまで -

解説

 10/24の北海道東方沖 Mw5.9(気象庁CMT解析精査後)および 10/21 鳥取県中部地震 Mw6.2(気象庁CMT解析精査後)発生後の 11/05以降の大気重力波から計算し、上記予測となっております。 現在も予測は継続中です。 したがってXXと表現してあります。 会員ページ参照。

予実差

 M   :本予測はまだ継続中なので予実差を示すことができません。
 発生日:中央値から3日早い。
 震央 :約70km(気象庁速報)

 予測対応地震の発生の記載は原則M5.5以上


- 地震予知情報作成日時:2016/11/10 20:50(作成者:IAEP理事長 宇田進一)-
- 地震予知情報掲載日時:2016/11/12 00:30 -

1. 総説

 現在M6台およびM7が予測されております。要警戒です。

 複数の外国で大地震が予測されます。会員ページ参照。

 魑魅魍魎第4弾については、現在予測している大地震が発生後再開の予定。

 M5.5未満については原則として予測番号を付与しないこととします(9/22から当分の間)


- 地震予知情報作成日時:2016/11/03 20:35(作成者:IAEP理事長 宇田進一)-
- 地震予知情報掲載日時:2016/11/03 23:00 -

1. 総説

 現在M6台が複数個予測されております。 こういう場合はもっと大きな一つの地震となる場合があります。 注意が必要です。

 複数の外国で大地震が予測されます。 会員ページ参照。

 魑魅魍魎第4弾については、現在予測している大地震が発生後再開の予定。

 M5.5未満については原則として予測番号を付与しないこととします(9/22から当分の間)


それ以前はこちら